より早く、より賢く不動産投資をスタートさせる為に欠かせない融資の存在。

 

不動産投資では用意した現金で物件を購入することはほとんどなく、自己資金にプラスして銀行の金融機関から受ける融資(ローン)を利用することになります

 

物件購入や利回りに囚われてしまい、融資を疎かにしてしまっては本末転倒

 

融資を戦略的に練るのとそうでないのとでは、将来の利益に大きく関係してきます

この記事でわかること
不動産投資で融資を受ける主な3つのメリット
融資を受ける事前準備に必要な自身の状況
各金融機関の特性
融資を受ける条件

 

今回は不動産投資初心者さん向けに、融資を受ける際の戦略についてお話ししていきます。

 

【不動産投資】融資(ローン)の戦略を練る

 

初心者にありがちなのが、物件をすぐに購入したいが為に、とりあえず融資してくれる銀行を利用するということ

 

不動産投資において命綱とも言える融資を安易に受けて、後々返済できずに破綻してしまうのが結果にも見えていますね。

 

物件選びももちろん大事な要素ではありますが、長期的な計画や融資についての知識・情報を得て戦略として落とし込むのが成功の鍵になります。

 

そもそも、不動産投資でなぜ多くの人が融資を受けるのかというと、圧倒的に融資を使うと資金効率が格段に良くなるからです。

 

特にこれから1件の物件だけでなく、複数の物件で投資を始めるのを検討している人は、融資で多くの資金を調達し、利回りと回収する時間をより早くそして効率的に進めなければ、どこかで破綻する可能性もあります

 

このように融資を受けるメリットは高いと言えますが、もう少し具体的にどのようなメリットがあるのか深掘りしていきましょう。

 

融資(ローン)を受けるメリットとは【不動産投資】

 

融資を受けるか悩んでいる方はメリットをチェック。

 

不動産投資で融資を利用するメリットは以下3つです。

 

不動産投資を受ける利点
少額資金でレバレッジ効果が見込める
ローン返済に家賃収入をあてられる
不動産投資をより早くスタートできる

 

レバレッジ効果が見込める

 

小さな資金を用いて大きなお金・モノを動かす、いわゆる「テコの原理」のようなこと“レバレッジ”といいます。

 

不動産投資において融資を受けることも同様。

 

物件を購入するとなれば、数千万円と巨額な金額がかかります。

 

現金で払うと言っても、現実ではあまりに厳しいこと。

 

しかし融資を受けることで、自己資金を少額に抑えてスタートすることができます

 

少額資金レバレッジを掛け続けていけば、比較的早い段階で理想としていた資産額を形成できる可能性もあります

 

ローン返済に家賃収入をあてることが可能

 

2つ目のメリットの重要度は「高」。融資で借りたお金は、毎月の家賃収入から返済することが可能という点。

 

つまり、融資で高額な金額を借り入れても、「家賃収入」で返済財源を確保できるということです。

 

収益性の高い物件を購入ししっかり運営することで、安定的な家賃収入が得られます

 

それに加えて、空室率を抑える創意工夫を練っていけば、融資した金額もしっかり返済することが可能になるでしょう。

 

融資を受けることでより早く不動産投資をスタート

 

3つ目は、不動産投資をより早く始めることができること

 

1つ目の「レバレッジ効果が見込める」にも関連しますが、

 

融資を受ける=少ない自己資金でスタートできる

 

ということですから、長い年月をかけて自己資金を貯金する必要がなくなります。

 

自己資金は利用する方で様々ですが、100〜200万円程度用意できれば数千万円レベルの物件を購入できます

 

極論、用意できる自己資金が0円でも問題ないわけです。

 

融資(ローン)を受ける自分の状況を把握する【不動産投資】

 

戦略を立てる際、融資に必要な情報収拾からはじめることからはじめましょう

 

なぜ、自分の状況を把握することから始めるかと言うと、不動産物件投資を目的に融資を受ける為に厳しい審査を通過しなければいけないから

 

審査内容などは金融機関によって異なりますが、どのくらいの年収や資産があれば融資を受けられるかということを頭に入れておくことによって、

 

どれくらいの自己資金を用意すればいいのか返済期間などの計画を立てることができます

 

それだけでなく、融資を受ける金融機関の比較や返済シミュレーションなど、より精密な戦略を立てることができるのです。

 

主に事前情報として押さえておくべきことをここでは解説していきます。

 

年収だけではなく自分の資産状況も重要

 

融資をする銀行側は、

 

「この人に融資をした時に、きちんとローンを返済してもらえるだろうか」

 

ということを考えます。

 

年収がより高ければ高いほど、融資する額も大きくなるわけであり、一般的には有利だと思われがちです。

 

しかし、融資する銀行が判断する点は「年収」以外に、属性や信用情報家族構成その人の健康状態など、あらゆる個人情報から融資するかを判断します。

 

その中でも特に重要とされるのが、その人の資産状況になります。

 

年収が高くても、手元に残る資産額が少なければ「この人に本当に融資していいのだろうか…。」と銀行側は思うのです。

 

融資(ローン)を依頼する金融機関を決定する【不動産投資】

 

融資を依頼する金融機関を決めましょう。

 

もちろん、貯金や資産額が多く、手元に残っている現金が多ければ金融機関をわざわざ利用する必要はありません。

 

しかし融資を受ける方は、事前に金融機関の情報を集めて比較することが必要になります。

 

自分の資産状況からどの金融機関を選択するか目星をつける為には、金融機関に関するある程度の知識を身につけるべきです。

 

続いては、各金融機関の特徴を紹介していきましょう。

 

各金融機関の特徴を把握する

 

融資を扱っている「日本政策金融公庫」や「銀行」を決定しなければ、不動産投資は始まらないと言っても過言ではないでしょう。

 

融資してくれる金融機関は以下の3つ。

 

不動産投資で利用できる金融機関
日本政策金融公庫政府が管轄する金融機関。年収など個人の属性に関する審査は比較的緩め。融資額も少ない。
都市銀行…民間企業や投資家、または一般人を対象にした金融機関。融資を受けるための審査が厳しいのが特徴。
地方銀行…地方に所在する金融機関。地域が限定される可能性が高いのが特徴だが、都市銀行と比べると審査の難易度は低い。

 

年収や属性、または住んでいる地域によっても融資を受ける金融機関は異なります。

 

一般的には年収ベースで金融機関を決定する人がほとんどですが、前述した通り、資産額なども審査の対象になるので予め利用を検討している銀行の特性を把握しておくべきです。

 

また、金融機関によってターゲットにしている顧客層が異なりますので、以下で確認しておきましょう。

 

年収別、おすすめの金融機関

年収 おすすめの金融機関
年収500万円以下の場合 年収など金融機関からみて個人の属性が低くても審査が比較的通りやすい、日本政策金融公庫」がおすすめ。
年収500万円〜1,000万円以下の場合 多くの層が借り入れる「地方銀行」の利用がおすすめ。金額や条件によっては日本政策金融公庫も有。
年収1,000万円以上の場合 「都市銀行」を視野に入れても可。審査難易度が高い為、地方銀行で実績を作ってから検討する方が良い

 

ここでは一般的な選択方法として年収をベースにおすすめの金融機関を紹介しましたが、各金融機関によってその他諸々の諸条件が規定としてあることを前提に覚えておくこと

 

事前に知る為には、金融機関の公式サイトや実際に利用した人の口コミ情報をチェックすることもおすすめです。

 

融資(ローン)条件を把握しておく【不動産投資】

 

最後の章では、借り入れには欠かせない融資の条件についてお話ししていきます。

 

何度も同じことを繰り返しますが、融資条件は利用する金融機関によって異なります。本審査までは確定しませんが、おおよその数字を事前に把握し、戦略や物件購入に役立てることをおすすめします。

 

特に重視しておきたい融資の条件は、

 

最低限押さえておきたい融資の条件3つ
自己資金
個人属性
物件の評価(将来性など)

 

1つ目の「自己資金」に関しては前述した通り、用意できる自己資金が多くあることで、空室が増えたりと返済に関わる突発事項が起こっても対応できると判断されます。

 

2つ目の「個人属性」とは、社会的立場や信用に関すること。

 

年収や自己資産も個人属性に関係してきます。年収や社会的信用のある大企業の役員、公務員、弁護士や医者などは、融資を受ける際に有利になってきます

 

3つ目の「物件の評価」は、実際に購入する物件にどれだけの収益性があるのかという判断になります。

 

主に上記で取り上げた3つが不動産投資で融資を受ける為の条件に大きく影響する指標となります。

 

しかし、全ての金融機関が上記3つを必ずしも重要視としている条件ではありません。

 

「自己資金が少ないから融資ができない」

 

「社会的な属性が低いから」

 

このような方でも融資を受ける為の審査に通り、不動産投資を始めている方はたくさんいるのです。

 

融資条件に当てはまらないからと言って落胆せず、何度もトライアンドエラーを繰り返すことで好条件の融資を受けることができるのです。

 

後々の拡大を考えてどこの金融機関から借りるかを決める

 

補足として説明しておきますと、後々、不動産投資を拡大していくことを想定した金融機関選びを行えるのが理想的です。

 

融資条件を確認する際も、今後の人生設計や大枠の計画を基にしていくのが大事

 

例えば、会社員であれば、今後さらに昇給し年収が上がる可能性も考えられますよね。

 

不動産投資を拡大していくなら、1つの物件だけでなく、次に投資する物件のことも考えてどこの金融機関から借りるのか決定するべきです。

 

【不動産投資】融資(ローン)まとめ

 

不動産投資は、単にアパート・マンションを購入して経営する為に融資を借り入れるのではなく、返済計画や将来の自己資産などに絡めながら戦略を練ることが大事です。

 

融資はその為に大事な要素になることはもう理解したはずです。

 

まずは、戦略を練る為に必要な情報や知識を集め、自分のライフスタイルや将来設計と照らし合わせて、どれくらいの融資が受け入れられるか考えること。

 

銀行・金融機関を選ぶのはその後の段階です。

 

そして、大事なのは融資を受ける以前に不動産投資を始める“目的”を考えること。

 

将来のお金の為、キャッシュフローを作る為、資産形成のため、子供に何か残すため。

 

人それぞれ不動産投資を始めるきっかけがあると思いますが、投資目的を軸に最適な融資(ローン)を受ける戦略を立てていけば成功の道は開けるはずです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事