使わなくなった土地を売却したいけど、土地を売却するのってなんだか大変そう…。

 

しかし実は、土地売却は自分で手配できちゃうんです

 

この記事では、そんな土地売却の手順や必要書類などについて解説していきます。

 

この記事でわかること

  • 土地売却の手順
  • 土地を高く売却する方法
  • 土地売却前&後に必要な書類
  • 媒介契約についての基礎知識

土地売却の手順

1土地の査定

 

まず最初にすることは、自分の持っている土地がどれくらいの価値なのか知ることです。

 

MEMO

この作業を査定と言います。
土地の査定は、インターネットで簡単にできます。

 

もちろん、不動産鑑定士という資格保持者にお願いして査定してもらうこともできます。

 

しかしこの場合は、有料になってしまいます。

 

不動産会社が行うものは無料なので、気軽にインターネットで申し込みしましょう。

 

他にも、いくつかの不動産会社を比較できる「一括査定サイト」もあるので、お願いする業者を迷っている場合はこちらを利用するといいかもしれません。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

査定方法も訪問査定机上査定など選べるので、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

 

また、土地には評価額というものがあって、これは基準ごとに決められています。

 

1つの土地に対しての価値は、以下の5つがあるとされています。

 

土地の評価額
  1. 取引価格
  2. 標準価格
  3. 都道府県基準地標準価格
  4. 相続税評価額
  5. 固定資産税評価額

 

 

 

2不動産会社と契約

 

次に、査定額がでて「その金額で土地を売りたい」と思ったら、不動産会社に仲介を頼みます。

 

契約内容によっては、

 

  • いくつかの不動産会社と同時並行で契約するもの
  • 一社のみの契約

 

があります。

 

しっかりと理解できるまで質問してから、契約するようにしましょう。

 

 

3販売活動

 

いよいよ販売です。

 

ここからは、

 

売出価格を仲介会社と一緒に決定チラシやインターネットサイトへの掲載などによる集客購入希望者との価格交渉

 

などが始まります。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

不動産会社に仲介を頼むメリット

不動産会社に仲介をお願いするメリットは、このような販売活動を代行してくれたり、進め方や販売価格などの相談に乗ってくれます。

 

多くの経験を持った不動産会社の人と一緒に進められるのは、安心感もあります。

 

 

 

4売買契約

 

土地の購入者との交渉が終わったら、売買契約を結びます。

 

この売買契約を結んだら、いよいよ土地の権利を譲るため最後のステップです。

 

 

5引き渡し

 

引き渡し時期
一般的に、売買契約の約1~2カ月後です。

 

契約の際に具体的にいつ頃引き渡すのかを、購入者と話し合うのが良いでしょう。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

以上が、土地売却の手順です。

 

たった5つのステップですが、初心者には大変な流れです。

 

MEMO

多くの方が利用しているように、不動産会社に頼むのがトラブルを引き起こさないためにもおすすめです。

 

 

土地を高く売却するには?

 

ここからは、自分の大切な土地をより高く売るためのポイントを紹介していきます。

 

高く売るために一番大切な時期は、実は売り出し前なんです。

 

なぜなら、手続きや交渉などを全て一人でこなせる人は少なく、多くの人が仲介してくれる不動産会社と契約し、土地の売却を進めていくからです。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

つまり、自分の土地の価格は「どの不動産会社に依頼して売却するか」によって決まってくるのです。

 

 

高値で売却するポイント
  1. 不動産会社に高い査定してもらう
  2. 複数の不動産会社からの提案を比較する

 

一つ目のポイントの理由は、土地を高く売却をするには、査定結果が実際の売却価格に影響するためです。

 

そして比較検討した方がいい理由は、時には不動産会社によって、数百万円の差が出ることもあるため。

 

現在は無料で一度に複数の不動産会社に査定依頼ができる、不動産一括査定サービスもあります。

 

 

 

土地を売却するときに必要な書類

 

土地には多くの権利があり、それを証明する資料も沢山あります。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

売却の際に必ず必要になってくるものも多くあるので、はじめに用意しておくと安心です。

 

土地売却前の必要書類

 

土地売却前に用意する書類
  1. 登記済権利証または登記識別情報
  2. 本人確認書類
  3. 固定資産税納税通知書
  4. 固定資産税評価証明書
  5. 土地測量図
  6. 土地境界確認書

 

まずはじめに重要書類として、その土地の所有者なのかを示す「登記済権利証」または「登記識別情報」が必要です。

 

平成18年以前に発行されたのは登記済権利証、平成19年以降に発行されたのは登記識別情報。

 

売買契約をして土地を譲る段階に必ず必要となってくる書類なので、もし無くしてしまった場合はすぐに司法書士に相談しましょう。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

次に、仲介する不動産会社を決める際にも必要になる「本人確認書類」もあらかじめ用意しておきましょう。

 

本人確認書類一覧
  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票

など

 

また土地の登記変更を行う際に、固定資産税の納税額を確認できる書類を用意しなければなりません。

 

市区町村から土地の所有者宛てに年に1回送られてくる「固定資産税納税通知書」「固定資産税評価証明書」を用意しましょう。

 

こちらは発行料金はかかってしまいますが、すぐに再発行してもらえるものです。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

また土地の境界線を確認したい買主のために、土地の面積と境界線が確認できる書類として、「土地測量図」「土地境界確認書」を準備しておきましょう。

 

 

注意

測量や境界線を調べるときには、関係役所や隣地所有者の立ち会いが必要です。

 

 

日程調整から資料作成まで約3カ月かかるので、提出期限も考えて早めに取り掛かることがおすすめです。

 

土地売却後の必要書類

 

実は売却が終わっても、自分の持っていたと土地と完全に離れられるわけでは有りません。

 

翌年は、確定申告が必要なんです。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

注意

確定申告を忘れていると延滞税が発生するため、忘れずに行いましょう。

 

また、税理士さんにお願いする場合は10万円程かかるので早めに準備するとよいでしょう。

 

用意するものの中で税務署で入手できる書類は、

 

  • 確定申告書B様式
  • 分離課税用の確定申告書
  • 譲渡所得の内訳書

 

の三点で、ほかに自分で用意するものとしては、

 

  • 売却時の売買契約書(コピー)
  • 売却した不動産の購入時の売買契約書(コピー)
  • 仲介手数料等、売却手数料の領収書(コピー)

 

の三点です。

 

 

 

不動産会社との契約(媒介契約)とは

 

媒介契約とは

不動産屋さんに仲介をしてもらう契約のこと。

 

媒介契約には、

 

  1. 専属専任媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 一般媒介契約

 

3種類があります。

 

土地売却での必要書類の種類と準備方法

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分の条件にあったものを選択しましょう。

 

1専属専任媒介契約

 

まず一つ目紹介するのが、専属専任媒介契約です。

 

専属専任媒介契約とは

複数業者との契約や媒介会社を通さず、依頼者自ら見つけた相手との取引などが禁止となる契約。

 

その代わり、指定流通機構への登録義務が5営業日以内であったり、媒介業務経過報告が1週間に1回以上と、一番早く細かい対応をしてもらえる契約になります。

 

2専任媒介契約

 

二つ目は専任媒介契約です。

 

専任媒介契約とは

専属専任契約と同じで複数業者との契約は禁止ですが、媒介会社を通さず依頼者自ら見つけた相手との取引は可能な契約。

 

また、指定流通機構への登録義務が7営業日以内と、専属専任契約よりは少し時間がかかり、媒介業務経過報告も2週間に1回以上と頻度が落ちます。

 

3一般媒介契約

 

最後に紹介するのが、一般媒介契約です。

 

一般媒介契約とは

複数業者との契約や媒介会社を通さず、依頼者自ら見つけた相手との取引などができる契約。

 

こちらは先に紹介した二つの契約よりもかなり自由度の高い契約ですが、その代わり指定流通機構への登録義務や媒介業務経過報告がなく、全て自分で行わなければならない契約になります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

土地を売るには多くの書類を用意したり販売活動をしたり何かと大変ですが、不動産会社に頼んだり色々な手段が選べる時代です。

 

満足のいく額で販売活動が終わるといいですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事