九州最大の主要都市として、人気を集めている福岡県エリア

 

地方では人口減少問題が懸念されていますが、福岡県のマンション市場は勢いがあり、中古マンションの売買も盛んに動いています。

 

売却時に少しでも高く売るためにも、「価格の相場」を知ることは非常に重要です。

相場を知らないと、売却の成功を実現することは難しいでしょう。

 

そこで、この記事では福岡でのマンション売却時の相場の価格を知るために、相場の把握方法相場の傾向を解説していきます。

 

 

この記事でわかること

  • 福岡でマンションを売却するときの相場価格把握方法
  • 福岡でのマンション売却の傾向

 

5分後には、マンション売却の成功に一歩近づくことができます。

福岡でのマンション売却価格の相場把握方法

マンションの相場価格はどうやって調べたら良いの?
少しでも相場より高く売るためにはどうするべき?

 

 

そんな疑問を解決するためには、マンションの相場価格を知る必要があります。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

マンション売却の相場価格を知るための方法をご紹介していきます。

 

同じマンションの売却情報を知る

 

マンション売却価格の中で、一番精度の高い相場の把握方法は、同じマンション内で売却している情報を知ることです。

 

立地や築年数、マンションそのものが同じということは、条件が一番近く、一番参考になる相場価格になります。

 

設備や間取り、日当たりの向きなども全く同じではないものの、周辺のマンションよりも一番近い条件です。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

プロの不動産会社の査定でも、まずは同マンション内での販売実績を踏まえて査定を行います。

 

過去の販売実績が、何よりも精度の高さを表している証拠となりますからね。

 

同マンション内での、売却があれば販売条件を控えておくと、売却の際に役立ちます。

 

販売条件を知るためにチェックすべきもの

  • 折り込みチラシ
  • ポスティングチラシ
  • 不動産のポータルサイトなど

 

ポータルサイトで比較してマンション相場を知る

 

上記でお話ししたように、同じマンション内で都合良く売却している物件なんて、なかなかあるものではありません。

 

しかし、現代はインターネットの不動産ポータルサイトが充実し、便利なサービスが豊富にあります。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

 

多くのサイトではエリアや立地条件・間取り・築年数・階数などを絞り込み、近い物件と比較することができます。

 

近い条件の物件価格を知ることで、マンション売却の相場価格を把握することができます。

 

無料で利用できるサイトばかりなので、気軽に調べてみると良いでしょう。

 

⚠︎注意

マンションの売却価格は、販売価格のまま成立するケースは多いとは言えません。

 

できれば、その後も値下げすることなく売却完了しているのか、最後まで追ってみるとより確実な情報を得られます。

 

築年数からマンション相場を把握する

 

不動産ポータルサイトでは、様々な条件を絞った中で類似物件を探して相場を掴む方法でした。

 

それとは異なり益財団法人東日本不動産流通機構では、「築年数から見た首都圏の不動産流通市場」が公表されています。

 

同データ上では築年数別に、

 

  • 売り出し価格
  • 売り出し単価
  • 成約価格
  • 成約単価

 

がわかるので、実際の成約価格が知れるのが大きなポイント。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

 

不動産ポータルサイトでは、途中での値下げ価格まで追えるのですが、最終的にいくらで成立したかまでは把握することができません。

 

これを見ると、売り出し価格のまま成約までいけることは難しく、成約単価が少し低くなることがわかります。

 

築年数が経つごとに価格が下がっていくのですが、ある一定のラインで価格の下げ幅が落ち着いてきます。

 

マンションは建物価格と土地価格から成り立っており、建物価格が下がり切ると土地価格が残ることで下げ幅が落ち着くタイミングが出てきます。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

成約価格の豆知識

一般的には、1年目から5年目の価格の下落幅が非常に大きいです。

 

そして5年から10年、11年から15年、16年から20年と下落率が下がってきます。

 

築20年目以降は、建物価格が占める割合も小さく、価格の下落も非常に緩やかになります。

 

 

福岡でのマンション売却の傾向

 

九州エリアの中心地である福岡県。

 

その中心地である福岡市には、多くのオフィスやショッピング施設、飲食店なども多数集まっています。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

 

その他の首都圏と同様で、マンションを購入するアクティブな世代には職住近接のライフスタイルが人気。

 

ファミリー世帯は、教育施設や生活環境などのバランスがとれた立地である都心部に出やすい郊外エリアで、マンションよりも戸建ての傾向が高いです。

 

人口減少が問われる地方エリアですが、福岡県の主要エリアは人口が増加傾向となっています。

 

その人気スポット福岡県でのマンション売却の傾向を、わかりやすく解説していきます。

 

福岡の人口傾向

 

福岡県の中には、都市部と言われる福岡市と北九州市があります。

 

特にオフィスや繁華街などもある福岡市は人口が集中しており、地方エリアが問題としている人口減少とは反対の状況となっています。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

 

人口が多いということは、不動産の需要が多くなることと比例

 

人口が増えれば、周辺の商業施設や街並の利便性が高く、交通アクセスにも優れた周辺環境となります。

 

交通アクセスの要でもある天神駅や博多駅があり、電車や飛行機など交通利便に長けています。

 

福岡のマンション価格相場傾向

 

福岡県内の不動産相場は緩やかな上昇傾向となっています。

 

特に福岡市の上昇率は高く、福岡市中央区や博多区・早良区・南区などの主要部が、上昇率の高さを引き上げています。

 

利便性や職場までの近さ、都市機能を身近に使えることから、ファミリー向けの物件ではなくシングルやDINKS世帯向けのコンパクト物件の流動性の方が高い傾向

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

 

価格も広くて高額なものより、ほどほどの広さで価格を押さえている物件の方が売却しやすいでしょう。

 

新築マンションは価格高騰のため手が届きにくくなったこともあり、価格的にも中古マンション市場の活性化になっている傾向です。

 

交通アクセスの中心である天神駅や博多駅から近い立地であることから、この先の需要も高く価格相場の上昇も期待できる立地となります。

 

福岡の人気立地傾向

 

マンションの需要がある立地には、人気のある理由と傾向があります。

 

都心部エリアであり、職場にも身近な距離となる職住近接エリアは、シングルやDINKS世帯を中心に、多くの人が住みたいと考えるエリアです。

 

福岡のビジネスエリアから近い赤坂や呉服町、博多は都市機能を身近に利用可能。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

 

どのエリアでもマンションを選ぶ傾向は、都心部に近ければ近いほど高いです。

 

主要路線である福岡市営地下鉄や西鉄天神大牟田線、JR沿線は、利便性の高さから人気を集めています。

 

再開発もさまざまなエリアで進んでいるので、新しく進化するエリアにも注目です。

 

 

まとめ

 

福岡県でのマンション売却の相場や傾向について解説してきました。

 

よく言われている地方問題の影響はなく、福岡市を中心にむしろ人口は増加傾向となっています。

 

中央区や博多区は、マンションの建設が進みタワーマンションなども増えています。

 

福岡でのマンション売却時の相場の把握方法と傾向とは

 

そのような背景もあり、都市部であるほどマンションの売買がしやすい福岡県内。

 

マンション売却価格相場も上昇傾向であり、今後も注目される主要都市のひとつです。

 

少しでも高く売却するためには、自分で調べることも重要なポイント。

 

実際に査定や売却を進めて行く時に、知識があるのとないのとでは適切な判断も変わってきます。

 

不動産会社と相談しながら売却を進めるのはもちろんですが、最終的な売却を決めるのはアナタです。

 

相場や傾向を知ることで、マンション売却を成功しましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事