マンションの査定って、どこにどう頼めばいいんだろう…
どの不動産会社にお願いしても、同じなんじゃないの??

 

自宅マンションの売却を考え始めたとき、こんなふうに思ったことはありませんか?

 

この記事では、不動産の査定で失敗しないための、次の5つのポイントを解説しています。

 

この記事でわかること

不動産査定の2ステップ

簡易査定のメリットデメリット

一括査定のメリットデメリット

最初から訪問査定を依頼すべき人

不動産会社選び3つの注意点

不動産の売却は、査定から始まる!と言っても過言ではありません。

 

査定でつまずくと、その後の売却活動に大きな影響が出てしまいます。

 

なぜなら査定には、価格を把握するという目的以外に、良い不動産会社を見つけるという目的があるからです。

 

売却の仲介契約を結ぶ不動産会社選びで失敗しないために、査定には重要な意味があることを覚えておきましょう。

 

不動産査定の全貌を把握する

不動産の査定には、2つのステップがあります。

Step1▶
簡易査定(机上査定)

Step2▶
訪問査定(詳細査定)

不動産を売却すると決めたら、最終的には訪問査定を受け、一社または複数社の不動産会社と媒介契約を結びます。

そして、不動産会社があなたに代わって、不動産の売却活動を行います。

 

あなたの不動産が「早く」「高く」売れるかどうかは、媒介契約を結んだ不動産会社にかかっているとも言えるでしょう。

そのため、不動産会社選びは慎重に行うことが大切です。

 

「簡易査定」と「訪問査定」は、不動産売却初心者が、不動産会社選びで失敗しないためのステップです。

 

この2つは、どのような違いがあるのか?のちほど詳しく説明していきますね。

 

簡易査定を利用したほうがいい人、簡易査定を省略して最初から訪問査定を依頼したほうがいい人、についてもあわせて解説しています。

 

それから、査定依頼をするのにとても便利な「一括査定」についてお話ししています。

最近ネット上で数を増やしている、不動産の一括査定というサービス。

 

無料で利用できるとても便利なサービスなのですが、少し欠点もありますので、メリットとデメリットをよく理解して利用しましょう

 

さいごに、査定で悪徳業者にだまされないためのアドバイスをまとめています。

 

2社以上の不動産会社に査定を依頼した場合、査定価格に差が出ることがよくあります。

ついつい、高い価格を提示してきた不動産会社に、売却仲介を依頼したくなりますが、不動産会社選びは慎重に

 

不動産売却の最初の重要なステップ「査定」で失敗しないために、この記事をぜひ参考にしてください

【不動産売却】簡易査定を利用する

■ 簡易査定とは

簡易査定は、実際の物件を見ないで、データをもとに査定額を決定する方法です。

 

データというのは具体的には、一戸建てか?マンションか?土地か?などの物件の種類や、所在地築年数間取り、マンションなら何階建ての何階部分かなど該当物件の情報と、近隣の似たような物件の売買実績などです。

 

査定を依頼された不動産会社は、このような情報をもとに、あなたのマンション(不動産)の査定額を決定します。

■ 簡易査定が向いている人…

  • 売却を検討しているが、まだはっきり売るかどうか決めていない人
  • 売却を検討しているが、どの不動産会社に仲介をお願いすれば良いか、まったくあてのない人
  • 将来の売却にそなえて、だいたいの価格を知りたい人

 

マンションの売却を検討し始めたら、まずは、いくらぐらいで売れるのか、気になるところですよね。

そんなときに利用すると良いのが、簡易査定です。

 

簡易査定のメリットとデメリットを説明するので、参考にしてみてください。

 

■ 簡易査定5つのメリット

本格的な訪問査定を受ける前に、簡易査定で様子を見ることができます。

簡易査定のメリットとデメリットを理解して、不動産会社を賢く選びましょう。

 

1.ネットで簡単に申し込みができる

不動産会社の査定申し込みページや、あとで紹介する「一括査定」依頼サイトの申し込みフォームに、必要事項を入力し送信するだけで、申し込むことができます。

通常は無料でしてくれます。

早ければ数時間、遅くとも2~3日以内には、査定価格の回答をもらえます。

 

2.匿名で申し込めるサイトもある

営業の電話を受けたくない人は、匿名で申し込めるサイトの利用をおすすめします。

 

不動産会社は、簡単に申し込める簡易査定で、不動産の売却を検討している人の情報をゲットして営業をかけ最終的に販売委託の契約に結び付けることを目指しています

 

ですので、匿名で簡易査定を申し込めるサイトは少ないですが、わずらわしい電話やメールを避けたい場合は、利用してみましょう。

 

以下のサイトを紹介します。

 

ライフルホームズの匿名査定

https://www.homes.co.jp/

ライフルホームズ 匿名査定

ライフルホームズ 匿名査定

 

イエウールのAI簡易査定

https://ieul.jp/

イエウールのAI簡易査定

イエウールのAI簡易査定

 

 

3.心理的負担が小さくてすむ

不動産会社に電話をかけたり足を運んだりすることなく査定額を得られるのは、心理的に大変気楽です。

 

特に簡易査定は最初のステップなので、3~5社に査定依頼をするのが一般的です。

もし3~5社の人と顔を合わせて話をしなければいけないとしたら、少し気が重いですよね。

居住中の物件であれば、なおさらです。

 

でも簡易査定なら、不動産会社の担当者と顔を合わせる必要も、家を見せる必要もありません

気軽な気持ちで、査定依頼ができます。

 

4.不動産会社を選ぶ判断材料になる

査定を依頼する目的のひとつは、あなたにとって最良の不動産会社を選ぶことです。

査定価格や対応などを見て、販売の仲介を依頼する不動産会社を見きわめましょう

 

極端に安い価格や、反対に高い価格を提示してくる不動産会社は、少し注意が必要です。

 

他と比べて安すぎる価格を出してくる会社は、もしかするとあなたの不動産が、不得意分野にあたる可能性があります。

 

他と比べて高すぎる価格を出してくる会社は、高い査定額であなたを釣って、仲介契約を結ぼうとしているだけかもしれません。

査定額イコール売却価格ではないことを、忘れないようにしましょう。

 

信頼できる不動産会社かどうかをよく見きわめる必要があります

 

5.売却価格のイメージがつかめる

気楽に数社から査定価格を入手できるので、売却価格のだいたいの相場を把握することができます。

 

不動産価格の相場は、不動産会社の査定額だけにたよらず、自分で情報収集することも大切ですが、数社から得られる査定価格は、自分の情報収集の精度を確認するうえでも、役に立ちます。

 

お持ちの不動産を売却するかどうか、まだ決めかねている場合は、簡易査定の価格を見て、最終的に決定しても良いでしょう。

 

■ 簡易査定3つのデメリット

不動産売却の初心者にうれしい簡易査定ですが、デメリットについても理解しておきましょう。

 

1.訪問査定に比べて、価格の精度が落ちる

物件の情報だけをたよりに算出するので、やはり価格の精度は落ちます

 

もっと正確な査定価格が知りたいと思ったら、次のステップの「訪問査定」を依頼しましょう

 

簡易査定では、査定額は目安としてとらえ、不動産会社を1~2社にしぼることを目的に利用することをおすすめします。

 

2.売却までに余分な時間がかかる

売却までに期限がある人は、簡易査定のステップを飛ばして、最初から訪問査定を依頼した方が時間の節約になります。

 

数社の簡易査定を受けて、そこから訪問査定を依頼する1~2社にしぼる時間を考えると、1週間から10日は余分な日数がかかることを覚悟しましょう。

 

3.仲介契約(専任媒介契約)を結ぶために、相場より高い価格を提示されることがある

1社の不動産会社としか契約を結べない仲介契約を、専任媒介契約というのですが、不動産会社によっては、この契約を結ぶために、他社よりも高い査定価格を提示することがあります。

 

査定価格は、あくまで売却予想価格の目安であり、実際の売却価格ではないことを忘れないようにしましょう。

 

★さて、ここで、一括で数社に簡易査定を依頼できる方法があるのでご紹介します。

 

【不動産売却】一括査定を利用する

 

必要情報を1回入力するだけで、複数の不動産会社に査定依頼ができる「一括査定サイト」というサービスがあります。

 

1軒1軒の不動産会社に、同じ内容の不動産情報を、なんども伝えたり入力したりするのは手間ですが、この一括査定サイトを利用すれば、簡単に複数社から査定を受けることができるので、ぜひ利用したいサービスです。

 

■ 一括査定3つのメリット

一括査定サイトは、各不動産会社が有料で参加することで、サイト運営が成り立っています。

そして一括査定サイトが、不動産会社の集客の役割を担っています。

 

ですので、不動産の売主は、無料でサービスを利用することができるのです。

無料で、簡単に、複数社の査定を受けられる一括査定のメリットについて、詳しく説明します。

 

1.一回の入力で、複数の不動産会社に査定依頼ができる

1軒1軒の不動産会社に個別に問い合わせをする必要がなく、手間と時間が大幅に節約できます。

 

一括査定サイトに参加している不動産会社は、サイトごとに違いますので、不動産会社の名前を見てサイトを選ぶと良いでしょう。

あとで、おすすめの一括査定サイトを紹介しますね。

 

2.不動産会社を知らなくても利用できる

家を売買したり、部屋や駐車場を貸したり借りたりする機会でもないかぎり、ふだんの生活で、不動産会社と接する機会というのは少ないものです。

 

物件の所在地で利用できる不動産会社のことをまったく知らないという人でも、一括査定なら心配ありません

 

必要情報を入力すれば、対応可能な不動産会社を表示してくれるので、そこから選ぶことができます。

 

3.不動産会社を比較検討できる

一括で数社に査定依頼をすることができるので、依頼後の対応や、査定価格を比較検討して、最終的に仲介をお願いする不動産会社を選ぶ参考になります。

 

■ 一括査定2つのデメリット

とても便利でみんなが利用している一括査定サイトですが、実は、欠点があります。

2つのデメリットについて、知っておいてください。

 

1.一括査定サイトに参加していない小規模な不動産会社を見逃してしまう

地域密着型の不動産屋の中には、一括査定サイトに参加していないところがまだまだたくさんあります。

 

仲介を依頼する不動産会社は、大手でなければいけないわけではなく、地域密着型の小規模な不動産会社にも、優良な会社はたくさんあります

 

そのような会社が、一括査定サイトに参加していないと、最初の段階で不動産会社選びの選択肢に入らなくなってしまうので、その点が、一括査定サイトのデメリットと言えます。

 

2.営業の電話がかかってくる

一括査定サイトは、誰でもかんたんに無料で利用できる便利さがあります。

 

そのため、気軽に利用すると、あとで複数の不動産会社から営業の電話がかかってきて、わずらわしい…と感じてしまう人もいるようです。

 

匿名での査定依頼でないかぎり、あなたが「不動産の売却をしようとしている」ことを、サイト内で選んだ不動産会社に知られることになるということを覚えておきましょう。

 

一般的には、一括査定サイトでの簡易査定を3~5社に依頼し、その結果を見て1~2社にしぼり、次のステップの「訪問査定」に進みます

 

ただし、物件の所在地によっては、対応できる不動産会社が1~2社しかない場合もあります。

 

サイトによって参加している不動産会社が違うので、複数の一括査定サイトを見てみましょう

場合によっては、12社にしか査定依頼できないということもあり得るでしょう。

 

■ おすすめの一括査定サイト3社

HOME4U

https://www.home4u.jp/

★不動産一括査定の超老舗(しにせ)

HOME4U

HOME4U

 

イエウール

https://ieul.jp/

★地方、田舎にも強い

イエウールのAI簡易査定

イエウールのAI簡易査定

 

すまいValue

https://sumai-value.jp/

★都市部に強い

すまいValue

すまいValue

 

 

【不動産売却】訪問査定を利用する

簡易査定で1~2社に不動産会社をしぼったら、次は訪問査定を利用します。

 

訪問査定では、どんなことに気を付ければ良いのでしょう。

 

■ 訪問査定とは

不動産会社の担当者が、実際に物件まで足を運んで状況を確認し、査定額を算出します。

 

見るポイントは、土地の境界線建物の劣化状況リフォームの状況、周辺環境など簡易査定では得られなかった情報です。

 

簡易査定は省くことができますが、不動産会社と仲介契約を結ぶなら、訪問査定は必須です。

 

また、不動産会社の担当者と会って話せる機会なので、信頼できる会社かどうかたよりになる担当者かどうかじっくり見きわめましょう

 

■ 訪問査定が向いている人…

不動産売却の査定には、

1. 簡易査定  2. 訪問査定

というステップがあるという話をしました。

 

でも、簡易査定は省略して、最初から訪問査定を依頼したほうが良い場合があります

次のような人が当てはまります。

 

1.売却までの期限が決まっている人

物件の売却費用を、次に購入する家やマンションの頭金にするなど、なるべく早く売却したい人は、簡易査定は省略して、最初から訪問査定を依頼したほうが手っ取り早いです。

 

2.中古の戸建て物件、土地を売却する人

中古マンションの場合は、同じマンション内の他の部屋や、近隣の似たような築年数や間取りのマンションの売却実績などを参考に、簡易査定でも、あるていど精度の高い査定額が出ることもあります。

 

しかし、土地や戸建て物件の場合、一件一件状況が違い、実際に訪問して確かめなければ分からない情報が多いので、簡易査定と訪問査定で額に開きが出ることが多いです。

 

ですので、最初から訪問査定を選んだほうが賢い選択と言えるでしょう。

 

3.仲介を依頼する不動産会社のあてがある人

仲介を依頼する不動産会社がある程度決まっている人は、最初から訪問査定を依頼しましょう。

そのほうが、お互いの手間と時間の節約になります。

 

不動産査定で悪徳業者に騙されるな

不動産売却の査定で、悪徳業者に引っかからないための注意点について、さいごにお話します。

 

■ 査定額が高い時には要注意!

複数社に査定を依頼すると、各社違う査定額が出てくることがあります。

高い査定額を出してくれた不動産会社に仲介を依頼したくなりますが、少し注意が必要です。

 

それは、査定額は、その価格で「売ります」という保証金額ではなく、あくまでそのぐらいの価格で「売れると思います」という、不動産会社の予測金額だからです。

 

査定額だけ高く見積もって、他の不動産会社より高く売れるかのように見せかけて、委託契約(専任媒介契約)を結ぼうとする業者もあるので、気を付けてください。

どのように見分けをしたらよいのでしょう…?

 

■ 悪徳業者にだまされないための3つのポイント

不動産会社もビジネスなので、なるべくたくさんの売主と仲介契約を結んで利益をあげたいと思うのが当たり前です。

売主側に知識がないと分かれば、悪徳業者でなくとも、不動産会社側に有利になるよう話を進められてしまいます

 

次の3つのポイントを押さえれば、あなたが主導権を持って不動産会社と交渉することができますので、ぜひ参考にしてください。

 

1.自分でも相場を調べて査定額を予測しておく

査定依頼をする前に、自分なりに物件の相場を調べて、あるていど査定額の予測をしておくことをおすすめします

 

自分で相場の予測をするときは、下の記事が役に立ちますよ

【5分でわかる】マンション売却の相場を調べる4つの方法

【5分でわかる】家の売却相場を知る3つの方法!損しないために

 

2.査定額の根拠を確認する

不動産会社はそれぞれ査定の基準を持っているはずなので、査定額の根拠を確認するようにしましょう。

 

いちばん高い査定額を出してきた業者でも、査定の根拠に納得のいく回答があって、信頼できると判断すれば、その会社と契約することも選択肢に入ります。

 

査定額はあくまで目安ですので、他の会社と比べて高いか安いかではなく、その金額にどれだけ納得できる根拠があるかということが重要です。

 

3.納得するまで契約を結ばない

不動産会社は、不動産の売却を仲介するだけの立場であることを忘れないでおきましょう。

 

不動産会社が出してきた査定額で、必ず売り出さなければいけないわけではありません。

あなたが「売り出し価格を決める権利」を持っています

 

不動産会社の担当者とはよく話し合って、信頼できるかどうか、相性が良いかどうか見きわめ、納得した上で契約しましょう

 

【不動産売却査定】まとめ

不動産売却の第一歩、「査定」について理解は深まりましたか?

 

まとめると…

 

不動産の査定は次の2ステップで行います。

簡易査定(机上査定)
訪問査定(詳細査定)

 

不動産会社にまったくあてがない人は、まず簡易査定で不動産会社の選択をしましょう。

 

戸建て住宅や土地を売りたい人と、早く売却したい人は、簡易査定は省略して、最初から訪問査定を依頼しましょう。

 

簡易査定は省略できますが、訪問査定は必須です。

 

悪徳不動産会社にだまされないためには、自分でも相場を把握しておくことと、査定金額の根拠を確認することが重要です。

 

それから…

マンション売却時の査定について、さらに理解を深めたい人におすすめの記事、そして査定後の、不動産会社との仲介契約についても詳しく説明している記事は、こちらです

【マンション売却】査定に潜む罠|流れと3つの注意点を押さえる

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事