不動産売却をするとき、頼りになるのが一括で複数社に査定依頼を出せる「不動産一括査定サイト」

 

しかし「不動産一括査定サイト」と一口に言っても、

 

  • 大手不動産会社とのみ提携しているサイト
  • セルフ売却ができるサイト
  • 査定の対象エリアが限られているサイト

 

などと数多くあります。

 

不動産売却が初心者の方にとっては、サイト選びをするだけでも大変です。

 

そこで今回は、不動産のリセルが厳選した「【2019年版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング」を、ご紹介します!

 

この記事を読んで分かること
【2019年版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング
おすすめ不動産一括査定サイトの特徴と評判
不動産一括査定のメリット・デメリット
不動産一括査定サイトの選び方

各サイトの特徴や評判を比較していきますので、ぜひ一括査定サイト選びの参考にしてみて下さい。

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング

では早速、おすすめな不動産一括査定サイトのランキングを発表していきます。
イエウール
【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング イエウール
栄えある第1位に輝いたのは、提携不動産会社数が多いことで有名な『イエウール』です。
イエウールについて詳しくみる
査定対応不動産 マンション(分譲・一棟)、一戸建て、土地、ビル一棟、アパート一棟、区分マンション(収益)、区分所有ビル(ビル一室)、店舗・工場・倉庫、農地、その他
運営会社 株式会社Speee
提携不動産会社数 1,800社以上
対象エリア 全国
主な提携不動産会社名 大京穴吹不動産、三交不動産、三井住友トラスト不動産、みずほ不動産販売、日本住宅流通株式会社など
同時依頼可能数 6社
サービス開始時期 2014年1月

 

【特徴】利用者数&提携不動産会社数がナンバーワン!

『イエウール』の特徴は、なんと言ってもその提携不動産会社数の多さです。

 

大手不動産会社だけでなく、地域密着型の優良不動産会社とも提携しており、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地にある1,800社以上の不動産会社と提携しています

 

そのため利用者数は1,000万人と、利用者の多さも業界トップクラスです。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング イエウール

『イエウール』がサービスを開始したのは2014年〜と他サイトと比べると遅めですが、ここ数年でこれほど多くの不動産会社と提携し利用者を得ているという点は、高く評価できますよね。

 

地方に住んでいて、不動産売却を検討している方には特にオススメしたい不動産一括査定サイトです。

 

【評判】悪徳企業を排除するお客さん想いの一括査定サイト

『イエウール』の凄さは、提携不動産会社数だけではありません。

 

『イエウール』は実際に利用した方からの評判が非常に良く、ネット上の口コミも良いコメントばかりです。

そう言った良い口コミや噂から、更に利用者が増えているんでしょうね。

 

『イエウール』がそんなにも高い評価を得ている理由は、彼らが行う「悪徳企業は排除」のシステムにあると思います。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング イエウール

『イエウール』は1,800社以上の不動産会社と提携していますが、利用者からクレームが多い不動産会社との契約は解除し、常に”優良な不動産会社のみ提携している”状態を保っているのです。

 

まさに『イエウール』が提携している不動産会社は、厳選した1,800社なんですね。

 

また定期的にお客様アンケートも行い、サイトの改善に努めています。

 

利用者の口コミ

評判の悪い不動産業者に当たらない

今回イエウールを利用して良かったなと思った点は、友人から聞いた悪評な不動産業者を査定申し込みする時点で排除できたこと。
複数ある不動産会社の中から、自分で査定依頼する会社を選べるのは大きな利点だと感じました。
40代/女性

机上査定を申し込んだのに営業電話が

こちらで、メールでやり取りをする机上査定を申し込んだところ、その後すぐに「直接お宅に伺って査定をしたい」という旨の電話がきました。
こちらはそういうのが嫌だからメールで、と頼んだのに強引な営業電話に少しうんざりしました。
30代/男性
すまいValue
【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング すまいValue
第2位は、大手不動産会社が共同運営する『すまいValue』です。
すまいValueについて詳しくみる
査定対応不動産 マンション(分譲・一棟)、一戸建て、土地、ビル一棟、アパート一棟、その他(投資物件など)
運営会社 大手不動産会社6社の共同運営
提携不動産会社数 6社
対象エリア 全国(店舗数は全国870店舗)
主な提携不動産会社名 住友不動産販売、小田急不動産、東急リバブル、野村の仲介+(PLUS)、三井のリハウス、三菱地所ハウスネット
同時依頼可能数 最大6社
サービス開始時期 2016年10月

 

【特徴】唯一、超大手6社の不動産会社に一括査定を依頼可能!

『すまいValue』は、不動産業界を率いる大手6社の不動産会社が運営する「不動産一括査定サイト」です。

 

そのため提携している不動産会社も、運営会社である6社しかありません。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング すまいValue

しかしこの6社というのは、それぞれ高い功績を持つ大手不動産会社たちです。

 

首都圏で過去3年間に不動産を売却された方454名を対象に調査したところ、67%(303名)の方が全国の不動産会社約12万社のうち、私たち6社のいずれかに売却のご相談をした

 

中でも、

 

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売

は、業界内の売上高ランキングトップ3の超大手不動産会社であり、この3社を含む6社に一括で査定依頼できるのは『すまいValue』だけなんです。

 

【評判】年に11万件以上が成約!96.7%は「取引に満足」

1年間のうち『すまいValue』を運営する6社の不動産会社に、不動産の購入相談をするお客さんの数は、36万組以上です。

 

また、2018年度の契約成立した売買仲介取扱件数は、6社まとめると11万件以上にのぼりました。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング すまいValue

 

『すまいValue』の特徴の一つは、誰もが知っている実績ある不動産会社が運営しているという安心感です。

 

そのためお客さんの満足度も抜群に高く、実際に6社のどれかを利用して不動産を売却したお客さんのうち96.7%が、

 

「トラブルなく安心・安全に取引できた」

 

と回答しています。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング すまいValue

 

『すまいValue』を運営する不動産会社は、それぞれが全国各地に店舗を持っており、合計で全国に870店舗あります。

 

全国規模で集めた豊富な情報力で、その地域に合わせた不動産売却をサポートしてくれますよ

利用者の口コミ

大手企業だから安心

今回マンション売却のためにすまいValueで一括査定をし、その中から不動産会社を選びました。
結果、自分の希望額で売り出すことが出来たのでかなりスムーズに物事が進んだと思います。やはり大手企業は違いますね。
40代/女性

サービス・対応全て満点

初めての不動産売却だったが、分からないことだらけの私に一から丁寧に説明してくれた。
売却については「あと2ヶ月待てばさらに高く売れますよ」とアドバイスしてくれ、それに従ったらかなり高額で売ることに成功。終始満足のいくサービスだった。
50代/男性
HOME4U(ホームフォーユー)
【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング HOME4U
不動産一括査定サイトランキング第3位は、国内で一番最初に不動産一括査定サービスを始めた『HOME4U(ホームフォーユー)』です。
HOME 4 U(ホームフォーユー)について詳しくみる
査定対応不動産 マンション(一室・一棟)、一戸建て、土地、ビル(一室・一棟)、アパート一棟、店舗・事務所・倉庫、その他
運営会社 株式会社NTTデータ スマートソーシング
提携不動産会社数 約1,300社
対象エリア 全国
主な提携不動産会社名 東京建物不動産販売、野村の仲介+(PLUS)、住友林業ホームサービス、三井住友トラスト不動産など
同時依頼可能数 6社
サービス開始時期 2001年

 

【特徴】NTTグループが運営する国内最大級の不動産情報サイト

先述した通り『HOME4U』は、日本で初めて不動産一括査定サービスを始めた国内最大級&業界最長の不動産情報サイトです。

 

サービス開始は2001年〜と、すまいValueと比較すると15年も前から始めているんですね。

 

そのためこれまでに培ったノウハウは18年間分、他サイトと比べてもその実績の豊富さは一目瞭然です。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング HOME4U

ちなみにサイトは、大手NTTデータグループが運営しています。

なので個人情報の管理もばっちりです。公式サイトでも、

 

官公庁や銀行などの日本最高クラスのセキュリティで培った安全なシステムで、あなたの個人情報を確実に保護します

と高い安全性を謳っていますよ。

 

【評判】提携不動産会社は大手・中堅・地域密着型と豊富

『HOME4U(ホームフォーユー)』は、約1,300社の不動産会社と提携しています。

 

もちろんこの約1,300社も『HOME4U』が培ったノウハウを生かし厳選した、優秀な不動産会社たちです。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング HOME4U

なので、

 

大手の不動産会社だけ集めて地域の不動産売却には弱い…

 

なんてことはなく、大手の不動産会社はもちろん地域密着型の中小企業まで、お客さんに最適な不動産会社が見つかるよう、様々な得意分野を持った不動産会社が集まっています。

 

現に『HOME4U』のこれまでの売却査定数は、35万件です(2018年11月時点)。

 

個人情報をしっかりと管理しながら約1,300社の中から選りすぐりの6社を選んでくれるという点が、不動産売却の初心者にも支持を集めています。

 

 

利用者の口コミ

郊外の不動産を売るならココ

土地を売りたかったのですが近所の不動産会社では良い返事が頂けず、悩んでいる時に唯一私が知っていたHOME 4 Uさんを利用しました。
一括査定を依頼したところ、思いの外多くの仲介会社候補が見つかり、大変助かりました。
30代/女性

素早い売却に成功

急な引っ越しが決まりマンション売却のために、いくつかの一括査定サイトを利用しました。
その中で最も高い査定価格を出してくれたのは、HOME 4 U。加えて「早期売却プラン」も提案してくれて無事、素早く売却に成功しました。
40代/女性

 

おうちダイレクト
【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング おうちダイレクト
第4位には、ヤフー株式会社と旧ソニー不動産が共同運営する『おうちダイレクト』がランクインしました。
おうちダイレクトについて詳しくみる
査定対応不動産 マンション、戸建て、土地、一棟マンション・アパート、その他
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社
提携不動産会社数 9社
対象エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、愛知県、北海道札幌市、福岡県福岡市
主な提携不動産会社名 CENTURY21、大京穴吹不動産、大成有楽不動産、ロイヤルハウジング、POLUS、TOHO HOUSEグループなど
同時依頼可能数 9社
サービス開始時期 2015年11月

 

【特徴】仲介手数料が無料!不動産会社を通さないセルフ売却

『おうちダイレクト』は従来の不動産一括査定サイトとは異なり、不動産の買主と売主を出来るだけ直接繋げる「マッチングサービス」を実施しています。

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング おうちダイレクト

他のサイトのように、提携不動産会社を仲介役として紹介する「仲介サービス」や「一括査定依頼サービス」も行なっていますが、マッチングサービスを利用したセルフ売却なら、売却仲介手数料無料で不動産売買が行えてしまうのです。

 

セルフ売却の流れ
  1. 不動産の売り出し価格の決定
  2. 物件PRを作成
    フォーマットあり。
  3. Yahoo!不動産に掲載
    無料で掲載。いつでも掲載停止可能!
  4. 買い手の反応を見て価格や情報を変更
    自由に変更可能なので自分が満足いく売却に繋がります。
  5. 購入検討者が見学予約などをしてマッチング成立
  6. 見学案内や専門的な手続きは代行コーディネーターにお任せ!

 

 

セルフ売却では不動産の売り出し価格を自分で決められるだけでなく、Yahoo!不動産に掲載される物件情報・画像・PRコメントも全て自分で決めることになります。

 

加えてそれらの情報はいつでも変更可能なので、売主は納得いく買主が現れるのを待てるだけでなく、希望額で売却しやすいんですね。

 

しかも不動産見学の案内〜契約までの専門的な手続きは、SRE不動産のプロのコーディネーターの方が代行してくれますよ。

 

【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング おうちダイレクト

このセルフ売却はまだ、

     

    • 東京都
    • 神奈川県
    • 埼玉県
    • 千葉県

     

    の対象エリアのみの実施ですが、最短で1営業日で売却開始できるなど、『おうちダイレクト』の新しい売却方法は話題となっています。

     

    【評判】多くの購入検討者を集める独自の販売活動が優秀

    『おうちダイレクト』はヤフー株式会社が運営していることもあり、オリジナルの販売活動が優秀と評判です。

     

    一般的には、

     

    • インターネット広告を出す
    • ホームページに掲載する
    • チラシをポスティングする

     

    売却活動ですが、当然多くやればやる程広告費用がかかります。

     

    しかし『おうちダイレクト』を利用すれば、上記のような不動産会社が行う販売活動に加え、『おうちダイレクト』とヤフーのネットワークを使ったオリジナルの販売活動法で売却を手伝ってくれるのです。

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング おうちダイレクト

    3つの媒体から販売することで、より多くの人の目に物件情報が止まり、物件が高く売れる可能性も上がるという仕組みです。

    利用者の口コミ

    自分のペースで売却したい人向け

    「売却手数料が無料になる」という謳い文句に惹かれ、利用しました。
    自分のスピードで売却でき、電話営業などがない点が良かったです。
    しかしおうちダイレクトで不動産を売る場合、こちら以外で販売活動はできない仕組みなので注意が必要です。
    40代/男性

    100万円以上の手数料がタダに

    一般的に100万円以上かかる仲介手数料が無料になる、という点はやはり魅力的。
    だが対象エリアがかなり限られていること・掲載物件も他サイトと比較すると少なめな印象。今後のサービス拡大に期待できそう。
    30代/男性
    LIFULL HOME'S
    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング LIFULL HOME'S
    次にランクインしたのは、不動産売却初心者の方にはぜひ利用してほしい『LIFULL HOME'S』です。
    LIFULL HOME'Sについて詳しくみる
    査定対応不動産 マンション、一戸建て、土地、投資用(一棟物件)、投資用(区分所有)、倉庫・工場
    運営会社 株式会社LIFULL
    提携不動産会社数 1,777社
    対象エリア 全国
    主な提携不動産会社名 朝日土地建物株式会社、ポラスグループ株式会社中央住宅、三菱UFJ不動産販売、京王不動産、センチュリー21など
    同時依頼可能数 10社
    サービス開始時期 1997年

    【特徴】国内最大規模のデータベースを持つ不動産情報サイト

    『LIFULL HOME'S』を一言で説明するなら、「不動産・住宅情報の全網羅サイト」です。

     

    現に『LIFULL HOME'S』の目標は、

     

    "あなたにピッタリ"の住まい探しのために、すべての不動産・住宅情報を網羅し、公開すること

    と公表しています。

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング LIFULL HOME'S

     

    『LIFULL HOME'S』は一括査定サービスだけでなく、賃貸の住まい探しから建築・購入・リノベーション・不動産投資をサポートするなど、不動産・住宅に関するあらゆるサービスを提供しているんですね。

     

    ちなみに『LIFULL HOME'S』が持つデータベースは国内最大規模です。

     

    サイトに掲載されている物件も、業界内ではトップレベルの多さになります。

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング LIFULL HOME'S

     

    また、サイトの見易さも魅力の1つでしょう。

     

    一括査定の際は、独自の掲載基準をクリアした1,777社の不動産会社の情報を、写真や各社の特色・不動産会社からのアドバイスなどと共に見れますよ。

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング LIFULL HOME'S

     

    それに一括査定以外のサービス・情報も充実しているので、一括査定依頼の際なにか知りたいことがあったとき、『LIFULL HOME'S』内で解決できる可能性が高いです。

     

    なので先述したように、不動産売却初心者の方でもかなり使いやすい不動産情報サイトと言えます。

     

    【評判】匿名で簡易査定可能!集客力の強さが魅力的

    『LIFULL HOME'S』では、名前や連絡先を伏せた匿名での簡易査定が依頼できます。

     

    サイトの評判も良く、

     

    • 総物件数No.1
    • Gomez賃貸不動産情報スマホサイトランキングNo.1
    • Android「ベスト オブ 2017」「ベスト オブ 2016」アプリ入賞

    などと多方面で高い評価を得ています。

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング LIFULL HOME'S
    また「Gomez賃貸不動産情報スマホサイトランキング」では、次の2つの賞に輝きました。

     

    • 「便利な機能・サービス」「安定性と信頼感」カテゴリで1位
    • 「情報量とコンテンツ」「サイトの使いやすさ」で2位

     

    『LIFULL HOME'S』に掲載される物件は、自動的に「楽天市場」など集客力が強いサイトにも同時に掲載されます

     

     

    なので集客力の強さも、評価されているんです。

    利用者の口コミ

    相場が分かった

    固定資産税を払うなら…と思い投資用の土地を売ることを決め、相場を知るためにライフルホームズの査定を利用しました。
    査定は無料ですし、売却前に使わない理由がないですよね。しかし相場は予想より安かったため、実際に売却するかはまだ迷っています。
    50代/男性

    匿名査定が助かりました

    他の一括査定サイトではなく私がライフルホームズを選んだ理由は、匿名審査があったからです。
    特に私のように離婚を機にマイホームの売却を考えている者にとっては、「知り合いにバレるかも…」という不安を取り除くことができて良かったです。
    40代/男性
    オウチーノ
    第6位は、運営会社が上場している『オウチーノ』です。
    オウチーノについて詳しくみる
    査定対応不動産 分譲マンション、一戸建て、宅地(住宅用土地)、店舗付き住宅、一棟マンション/アパート、区分マンション、倉庫/工場/店舗/事務所、一棟ビル、区分所有ビル、市街化調整区域(建物・土地)、田畑/山林
    運営会社 株式会社オウチーノ
    提携不動産会社数 非公開
    対象エリア 全国
    主な提携不動産会社名 非公開
    同時依頼可能数 非公開
    サービス開始時期 2003年4月
    イエシル(IESHIL)
    次にご紹介するのが、マンション査定・売却に特化した『イエシル(IESHIL)』です。
    イエシル(IESHIL)について詳しくみる
    査定対応不動産 マンション
    運営会社 株式会社リブセンス
    提携不動産会社数 非公表
    対象エリア 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県
    主な提携不動産会社名 非公表
    同時依頼可能数 最大3社
    サービス開始時期 2015年8月

    【特徴】膨大なデータから瞬時に査定結果を出す「リアルタイム査定」

    イエシル(IESHIL)とは、首都圏にある中古マンションを瞬時に査定してくれるサービスです。

     

    サイト上では、対象マンションの市場価格・価値・評価を、地域名や路線・フリーワードから検索して閲覧することが可能。

     

    イエシルの特徴、マンションのリアルタイム査定

     

    しかもその情報は、

     

    • 賃貸情報やこれまでの売買履歴など約9,000万件のビックデータ
    • 自社開発したウェブクローラーが収集したデータ
    • オリジナル調査(取材活動など)で得たデータ
    • 政府などが公開しているデータ

     

    を元に算出された、信頼性が高いものなのです。

     

    イエシルは、定期的に市場価格算出テストを繰り返すことで、査定の精度を保っています。

     

    またマンションの査定は、部屋号数や階数ごとの査定も実施(イエシルに登録されているマンションのみ)。

    すぐに査定結果がでる「リアルタイム査定」が、イエシルの最大の特徴です。

     

    イエシルの特徴、マンションのリアルタイム査定

     

    マンションの売却を考えている人は自分のマンションの相場を知るために、マンションの購入を考えている人は買いたいマンションの相場を知るために、とマンション売却ではかなり役に立つサービスです。

     

    【評判】膨大な情報も限定された物件・エリアのみ

    イエシル(IESHIL)に掲載されているマンション情報が、

    詳しくて助かる!

    と評判が良い理由の一つは、マンションの市場価格だけでなく、自然災害のリスク近所の保育園・学区情報なども一緒に拝見することができるから。

     

    これは中々他サイトにはない特徴なため、特にファミリー層から支持されています。

     

    two babies and woman sitting on sofa while holding baby and watching on tablet

     

    なお、イエシル(IESHIL)に掲載されている全情報を見るには会員登録が必須ですが、査定依頼をすれば自動的に会員登録がされます。

     

    またイエシル(IESHIL)のスタッフは、全員が有資格者

    そんな不動産の専門家に無料で相談ができる「イエシルの個別相談会」は、

     

    何でも答えてくれて、不動産売買についての知識が深められた
    と評判は上々なようです。
    two man and woman holding cups on tables
    しかし、

     

    • 取り扱いはマンションのみ
    • 対象エリアは1都3県
    • 同時に査定を依頼できるのは3社まで

    と他サイトと比較した際に、イエシルはターゲット層が狭いのがデメリットとして挙げられます。

     

    逆に言えば、首都圏のマンションの売買を考えている人にはピッタリということです。

    利用者の口コミ

    無料でここまで情報提供してるのは凄い

    引っ越しを近々考えていたところ、こちらのサイトを見つけました。エリアごとに相場が分かるだけでなく、周辺の治安や災害リスクなどまで把握できるので、ネット上とはいえ住んでからの生活が想像しやすいと思いました。
    30代/男性

    首都圏以外は利用するメリットなし

    ネットですぐマンションを査定してくれるサイトがあると知り、こちらを利用。ですが残念ながら、私の地域は対象外でした。他の方の口コミを読む限り、首都圏のマンションを査定したい時は便利だと思います。
    40代/女性
    Smoola(スモーラ)
    第8位にランクインしたのは、最大9社に同時査定できる『Smoola(スモーラ)』です。
    Smoola(スモーラ)について詳しくみる
    査定対応不動産 マンション、一戸建て、土地
    運営会社 マンションリサーチ株式会社
    提携不動産会社数 2500店舗
    対象エリア 全国
    主な提携不動産会社名 三菱UFJ不動産販売、センチュリー21、みずほ不動産販売、ピタットハウス、近鉄不動産など
    同時依頼可能数 最大9社
    サービス開始時期 2016年3月

    【特徴】2つの業界最大級ポイント

    『Smoola(スモーラ)』の運営会社は、マンション売却サイトの中では人気も知名度もトップクラスな「マンションナビ」を運営する、マンションリサーチ株式会社。
    Smoola(スモーラ)ではマンション以外に、戸建てと土地の無料一括査定がたったの45秒でできます。
    なおSmoola(スモーラ)が提携している不動産会社数は、全国各地にある900社(2,500店舗)
    同時に査定を依頼できるのは最大9社、しかも賃貸運用の提案も最大3社から受けられます。
     この登録会社数と提案数は業界最大級であり、2,500店舗の中から最大9社に査定依頼できるのは『Smoola(スモーラ)』だけです!

    査定は部屋単位で依頼可能です。

    【評判】マンションナビ同様マンション売却に強い!

    先述したように、マンションリサーチを運営会社とするSmoola(スモーラ)では、マンションの地域別相場価格データを見ることができます。

     

     

    相場価格は、全国各地の約800万件の不動産売買データを基に算出され、市町村区・丁目・番地単位だけでなくマンション名からでも把握可能。

    まさにマンションナビのノウハウが生かされたサイトなんですね。

     

    査定や相場価格データの対応エリアも、首都圏のみならず全国に対応しています。

     

     

    利用者の口コミ

    スピーディーな査定

    登録店舗数が業界最大級ということで、より多くの不動産会社から選びたかった私はこちらを利用しました。査定は時間がかかるイメージだったのですが。ネットに疎い私でも1分ほどで申し込みができて、簡単でした。
    50代/男性

    どちらかと言うとマンション売却向き

    土地売却をしようと考えていて、一括査定サイトをいくつか使用した内の1つがスモーラでした。スモーラは最大9社に査定依頼できると謳っていますが、これは私の物件には当てはまらず…。結果、他サイトの方が多くの会社を提案してくれました。
    30代/女性
    イエイ
    第9位は、利用者数400万人を突破した『イエイ』です。
    『イエイ』について詳しくみる
    査定対応不動産 分譲マンション、一戸建て、土地、ビル一室、マンション・アパート・ビル一棟、工場・倉庫、店舗・事務所、農地・畑・田んぼ、山林、その他
    運営会社 セカイエ株式会社
    提携不動産会社数 1,700社以上
    対象エリア 全国
    主な提携不動産会社名 京王不動産、朝日住宅、センチュリー21、藤和ハウス、東京建物不動産販売、相鉄不動産販売など
    同時依頼可能数 最大6社
    サービス開始時期 2008年4月

     

     

    リビンマッチ
    次にご紹介するのは、ベンチャー企業が運営する『リビンマッチ』です。
    リビンマッチについて詳しくみる
    査定対応不動産 マンション(分譲・一棟)、一戸建て、土地、ビル一棟、アパート一棟、投資マンション(1R・1K)、区分所有ビル(ビル1室)、店舗・工場・倉庫、農地、その他
    運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社
    提携不動産会社数 1,400社以上
    対象エリア 全国
    主な提携不動産会社名 日本住宅流通株式会社、オークラヤ住宅、東北ミサワホーム、近鉄不動産、住友林業ホームサービスなど
    同時依頼可能数 6社
    サービス開始時期 2006年

     

    【特徴】査定できる不動産の種類が多い!

    まず『リビンマッチ』の特徴として挙げられるのが、査定可能な不動産の種類が多いことです。

     

    『リビンマッチ』は一般的にどの一括査定サイトでも査定できる居住用物件だけでなく、投資用物件・法人向け物件そして、工場や倉庫・農地にも対応しています。

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング リビンマッチ
    また提携する不動産会社も1,400社以上と、他サイトと比べても多めですね。

     

    そのほか他サイトと比較すると、『リビンマッチ』には売却するか賃貸にするのか迷っている方に向けてのサービスもあり、賃貸査定も同時に行えるようです。

     

    さらには、買取りの一括査定も行っており、提携先の不動産会社が直接買い取ってくれることも可能です。

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング リビンマッチ

    先に紹介した『HOMU4U(ホームフォーユー)』も買取り査定を行っていますが、買取り可能物件は『リビンマッチ』の方が多いですよ。

     

    【評判】不動産会社情報が分かりずらい?運営会社が上場していない不安も

    『リビンマッチ』の運営会社「リビン・テクノロジーズ株式会社」は上場していないベンチャー企業です。

     

    そのため、安全性や信頼感の面で考えると、大手企業が運営する他サイトより『リビンマッチ』は劣るかもしれません。

     

    また『リビンマッチ』で一括査定をした場合、あなたにオススメな不動産仲介会社の候補を提案してくれますが、各社の細かい情報までは提示してくれません

     

    【2019年最新版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング リビンマッチ

    なので複数社の細かい情報を他サイトで一々確認しなければならない手間が、『リビンマッチ』のデメリットだと捉える方もいるでしょう。

     

    しかし一括査定は自分で不動産会社を探すよりもかなり効率的なので、特殊な不動産を査定したいとき『リビンマッチ』は役に立つかと思います。

    利用者の口コミ

    対応が迅速で助かった

    リビンマッチでマンションの一括査定をしてから、1ヶ月以内に売ることができました。
    早く売れたのは、担当してくれた方の迅速な対応があったからだと思います。買主への鍵の受け渡しなどの細かい作業も快く引き受けてくれました。
    40代/男性

    3社しか査定できなかった

    ここは最大6社まで一括査定できると謳っていますが、私の場合3社しか査定してもらえませんでした。結果的には売却できたので良かったですが、売りやすさには地域差があるように感じました。
    30代/女性

     

    不動産一括査定のメリットって?

    自宅で複数の不動産会社に査定依頼→査定結果を比較できる!

     

    不動産の一括査定サービスを利用するメリットとは、自宅にいながら複数の不動産会社に査定を依頼でき、査定結果を比較できることです。

     

    たった一つの不動産会社に査定依頼するのではなく、一括で複数の不動産会社に査定を依頼、そして複数社の査定結果を比較することで相場の売却価格を知ることができ、より高額な不動産売却にも繋がります。

     

    不動産一括査定のメリット

    さらに、

     

    不動産を売却するかはまだ決めていないけど、とりあえず相場価格を知っておきたい

     

    といったときにも、一括査定は非常に便利なサービスです。

    簡単に説明すると、以下のような流れで一括査定を行っていきます。

     

    不動産一括査定の流れ

     

    不動産一括査定のデメリットとは

    不動産会社から電話などで勧誘される可能性あり

    多くの人が嫌がるのが、不動産会社から電話やメールで勧誘される可能性があることではないでしょうか。

     

    不動産一括査定のデメリット

    実際に真剣に売却を考えている方にとってはあまり問題ないと思いますが、相場を知るために軽い気持ちで一括査定サイトを利用した方にとっては、少し面倒と思われる方も多いかと思います。

     

    一括査定できるのは提携している不動産会社のみ

    また国内には、不動産会社が約12万社あると言われています。

     

    しかし上のランキング内で提携不動産会社数が一番多い『イエウール』でも、提携している不動産会社数は1,800社程度です。

     

    不動産一括査定のデメリット

     

    そうなると世の中には、一括査定サイトに載っていない不動産会社がかなりあるということになりますよね。

     

    特に地方の不動産の売却をお考えの場合は、購入者も同じ地方の方が大半なので地場の不動産会社査定が一番リアルな価格査定や売却力を持っていたりします。

     

     

    ポイントは3つ!不動産一括査定サイトの選び方

    不動産一括査定サイトを選ぶとき見るべきポイントは、

     

    • 査定可能な不動産の種類
    • 電話問い合わせサービスなどのサポート体制の有無
    • 提携している大手不動産会社数

     

    の3点です。

     

    1査定可能な不動産の種類が多いサイトは信頼大

    一括査定サイトを選ぶときは、なるべく査定可能な不動産の種類が多いサイトを選ぶのをオススメします。

     

    不動産一括査定サイトの選び方

     

    中には居住用不動産しか査定できないサイトもありますが、そういった場合、

     

    1. まだサイトの規模が小さい
    2. 運営者の不動産の知識が乏しい
    3. 正確な相場価格を算出できない可能性が高い

     

    です。

     

    そのため一括査定依頼の際、査定したいマンションが分譲なのか一棟なのかなどと細かく設定できるサイトを選びましょう。

     

    2しっかりとしたサポート体制がある=不動産の知識が豊富

    大手の不動産一括査定サイトは、サポート体制もしっかりしています。

     

    ランキング1位で紹介した『すまいValue』は、困ったことがあれば何でも相談できるサポートセンターを設立し、電話でもフォーム上でも無料で問い合わせ可能です。

     

    不動産一括査定サイトの選び方

    特に不動産売却が初めての方は、このようなサポート体制があるかどうかをチェックしてみて下さい。

     

    わからないことを気軽に質問できるのは単純に便利ですし、サポート体制がしっかりしているということはスタッフも十分な不動産に関する知識を持ち合わせているということになります。

     

    3何社の大手不動産会社と提携しているか

    一括査定サイトを比較するとき、多くの人が”提携不動産会社数”で比べがちですが、大事なのは「提携している大手不動産会社数」です。

     

    不動産一括査定サイトの選び方

    大手の不動産会社と多く提携している一括査定サイトは、”不動産のプロも認めるサイト”と考えられます。

     

    なので一括査定サイトを選ぶときは、どの不動産会社と提携しているのかもよく確認してみて下さいね。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

     

    不動産のリセルが選ぶ「2019年最新版 おすすめ不動産一括査定サイトランキング」は、以下の通りになりました。

     

    不動産一括査定サイトランキング
    1. すまいValue
    2. HOME4U
    3. おうちダイレクト
    4. イエウール
    5. LIFULL HOME'S
    6. リビンマッチ

    ぜひ不動産売却の際には参考にしてみて下さいね!

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おすすめの記事