一個建ての家を売りたいと思っているけれども、どうやって相場を知れば良いのか分からなくてまごついてる方も多いのではないでしょうか。

 

自分の家を売るなんてことは人生のうちにやっても一度ぐらいであることですので、誰もが慎重にやりたくなることでしょうし、実際に慎重にやるべきものです。

 

今回は一戸建てを売りたいと思っている人のために、自分の家がどれぐらいの相場で売ることができるかを調べる方法自分の家を高く売るコツについて書いていきたいと思っております。

 

この記事で分かること
  • 自分の家がどれぐらいの相場で売ることができるかを調べる方法
  • 自分の家を高く売るコツ

 

こちらを参考にして、少しでも高く家を売ることができたら幸いです。

 

不動産の売却相場を知る方法

 

家を売る前に必ずやるべきことは、自分の家の売却相場を調べることです。

 

もしそこまで高い値段で売れなそうであれば、家を売らないでおくという選択も考えなくてはなりません。

 

では、一戸建ての値段って、どういうふうに調べれば良いでしょうか。

 

ここでは、大きく分けて4つの方法について解説していきたいと思っております。

自分の家がどれぐらいの相場で売ることができるかを調べる方法
  • その1:不動産会社に相談しに行く
  • その2:中古物件情報サイトで似たような条件の物件と比較する
  • その3: 新聞の折込チラシを参考にする
  • その4:不動産会社に家を実際に見てもらう

 

その1:不動産会社に相談しに行く

 

不動産会社に家の条件等をお話し、データを元に相場を予測してもらう。

 

一番簡単で誰でもできるやり方です。

 

まだ家を売る決心が付き兼ねている人は、とりあえず不動産会社に相談してみるというのもありでしょう。

 

もちろん仲介手数料はかかりますが、手数料は法律によって上限が定められているので、不必要に多めの手数料を取られるようなこともありません

 

不動産仲介会社にも様々なタイプがあります。

 

CMをやっている三井不動産などの大手の会社や、その町の人達が主に利用する程度の個人でやっているような規模の会社もあります。

 

大手は顧客データを多く持っているので、より正確な相場を算出することができます

 

個人でやっているような所は顧客データこそ少ないものの、その地域限定の情報に関しては熟知しています

 

どちらにもメリット・デメリットはありますので、どちらが良いとはあまり言えない所です

 

また、大手だろうと個人だろうと、悪い担当者に当たってしまう可能生はあります。

 

その2:中古物件情報サイトで似たような条件の物件と比較する

 

似たような条件の物件と比較し、自分の一戸建ての家の相場を予測する。

 

不動産会社には頼らず自分でやる方法です。

 

自分で売却相場を調べるときに主に使用するのが、中古物件情報サイトです。

 

中古物件情報サイトは色々ありますが、最もオススメなのがライフルホムーズです

 

売却相場を調べるときは、ライフルホームズの中の不動産アーカイブというコンテンツを使います。

 

不動産アーカイブでは、日々インターネットを介して発信される不動産情報がデータベースとして蓄積されており、現在募集を行っていない過去の不動産の閲覧も可能となっております。

 

地域を選択するだけで、その地域の物件がどういう条件であり、どのくらいで売却されたのかが出てくるようになっています。

 

ライフルホームズはサービスが開始されてから20年以上経過し、日々データの蓄積に務めているのでデータベースの数は非常に多めです

 

売却相場を調べる際には、不動産アーカイブが欠かせません。

その3: 新聞の折込チラシを参考にする

 

アナログな方法ですが、自分で調べるのならこのやり方も有効です。

 

土日にチラシが大量に入ってくるのでとりあえず保管しておきましょう。

 

チラシの中には「一戸建てを探している人がいる」などと書かれ、売却を求めている人がいるということを教えてくれるようなものもあります。

 

実は不動産業界のチラシというのは、法律によって誇大広告が禁止されているのです。

 

なので、非常に参考になることが多いのです。

 

また、チラシがポストに大量に入っている家は、それなりに人気エリアだということですので、売却が期待できます。

 

チラシは侮れません。

 

有益な情報の一つです。

その4:不動産会社に家を実際に見てもらう

 

家を売るときには、家を買いたいという人に実際に家を見てもらうことになる(内覧をしに来る)訳ですが、その前に不動産会社の方に家を見てもらってどのくらいの値段になるか判断してもらうということも可能です。

 

家の様子を実際に見てもらった方が、机上で不動産会社とお話するよりもより正確な相場が分かる可能生もあります

 

ただしやはり、不動産営業を行っている人には当たり外れがあります。

 

見る目の良い人に当たれば正確な相場が分かるのですか、そうではないと高い値段を払って見てもらった割には見当はずれの相場を言われるかもしれません。

 

ということで、実際に家を見てもらうにしても、やはり自分である程度は調べておくのは必要です。

高く売る3つのコツ

 

相場を調べる方法が分かった所で今度は実際に家を高く売る方法について知っていきましょう。

 

売却で損をしない3つの方法を教えます。

自分の家を高く売るコツ

  • コツ1.複数の不動産会社の査定を受けて比較し、更には自分でも調べてみる
  • コツ2:しっかりと家の良いところをアピールする。あなた自身の印象も大切
  • コツ3:家の掃除や換気、見栄えの管理はしっかりと!破損部分の修理もお忘れなく!

 

コツ1.複数の不動産会社の査定を受けて比較し、更には自分でも調べてみる

 

不動産会社の意見を参考にしつつ、ある程度は自分でも調べてみて、適当である価格を見極めることが大切です。

 

先程も言ったように、不動産会社には当たり外れが激しいですから、複数の意見を聞いてみるのが肝心です。

 

多くの情報を集めることは取引で勝つための一番基本的なコツです。

コツ2:しっかりと家の良いところをアピールする。あなた自身の印象も大切

 

家を買ってもらう前に相手のご家族の方に家を見てもらう訳ですが、その際にしっかりと家の良いところをアピールできるようにするのも大切です。

 

アピールポイントはしっかりと書き出して整理しておきましょう。

 

アピールポイントの例としては駅までの距離、周辺に公園や学校がある、治安が良いなどが挙げられるでしょうか。

 

「不満なことがあるから家を売るのに、アピールポイントなんてあるわけがない!」という方もいると思いますので、自分の家の良い所を探すコツを一つお伝えします。

 

それは普段不満に思っていることを書き出してそれを長所に変換してしまうというものです。

 

例えば「駅から遠い」ということを不満に思っているのなら、「電車が近くを通らないから静か」という長所に変換してみましょう。

 

こうやっていけば簡単に長所を探していくことができます。

 

また、あなた自身の印象も大切です。

 

相手は正真正銘のお客様ですので、しっかりともてなし、笑顔を絶やさないようにしましょう。

 

多少家の難点などを言われるかもしれませんが、それでも優しく接しておくのが肝心です。

コツ3:家の掃除や換気、見栄えの管理はしっかりと!破損部分の修理もお忘れなく!

 

基本的なことですが、内覧時には家の掃除はしっかりとしておいて下さい。

 

とくに水回りは相手のご家族の奥さんがよく見ますので念入りに掃除しておくことをオススメ致します。

 

また、タバコの匂いなどが残っていることのないようにしっかりと換気しておきましょう。

 

そして、掃除よりも大事なのが破損部分の修理です。

 

家の屋根をメンテナンスしたり、壁を張替えたりするのが必要になってくることもあるでしょう。

 

後階段の電気がつかなかったりすると印象が悪くなるので、そこも忘れないようにしましょう。

 

また、玄関にお花を飾っておくと見栄えが良くなって効果的です。

まとめ:不動産売却は事前情報の収集が肝心!少しでも高く売れるよう工夫しよう!

 

いかがだったでしょうか。

 

不動産売却は事前の情報管理が非常に重要です。

 

ある程度お金と時間がかかりますが、何しろ家を売る訳ですのでその分のリターンは十分あります。

 

一生に一度あるかどうか分からない大事なイベント、大切にこなすようにしましょう

 

少しでも高く売れるように工夫していきましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事