ご自身の不動産を売却に出す際には、不動産会社に見積もりを取ってもらう必要があります。

 

不動産を初めて売却する人にとって、そもそも見積もり(査定)とは何か、また安心して見積もりを取りたいと考えているはずです。

 

今回は不動産を売却する際の見積もりについて解説していきます。

 

この記事でわかる事
  • 【不動産売却】見積もりを出す際の3つの注意点
  • 必ず複数社で見積もりを出す
  • 査定額の根拠を聞く
  • 自分で相場をチェックする
  • 近隣の類似物件を調べる
  • 立地条件から相場を調べる
  • 【不動産売却】自分に合った査定方法を選ぶ
  • 簡易査定
  • 訪問査定
  • 一括査定

 

【不動産売却】見積もりを出す際の3つの注意点

 

不動産会社に見積もりを取ってもらう際、注意してもらいたいことが3つあります。

 

これらの注意点をしっかりと把握しておくと事で、悪徳不動産業者に騙されることも、足元を見られる事もなくなります。

 

不動産を売却する際の注意してもらいたいことは以下の3つです。

 

  • 必ず複数社で見積もりを出す
  • 査定額の根拠を聞く
  • 自分で相場をチェックする

 

必ず複数社で見積もりを出す

 

不動産を売却する際は、複数社に見積もりの依頼をしましょう。

 

不動産には相場がありますので、1社だけの見積もりではそれが正しい相場なのかどうかを判断することは難しいです。

 

その為、必ず複数社(できれば3社か4社程度)に見積もりを依頼し、平均をとるようにしましょう。

 

不動産会社によっても得意な地域や物件などもありますので査定額が違ってきます。

 

マンションがメインの不動産会社に土地の査定の依頼をしたり、土地がメインの不動産会社にマンションの査定を依頼しても正確な相場を知ることは難しいでしょう。

 

査定額の根拠を聞く

 

複数社が見積もりを提示してきたら、なぜその査定額になったのかの根拠を聞きましょう。

 

中には、物件を預かりたいからといってわざと高い査定額を提示してくる不動産会社もあります。

 

査定額はあくまでも販売価格であって、その価格で売却できることを確約するものではありません。

 

相場からかけ離れた価格で販売開始してしまっては、売却活動中に頻繁に値下げをする必要が出てきます。

 

頻繁に値下げをしている物件は、購入希望者からすると何かがあるのではないかと敬遠されてしまいます。

 

こうした不動産業者を排除するためにも、査定額の根拠は必ず聞き出しましょう。

 

本当に良い不動産業者なら過去の取引事例比較法や、現在売りに出されている類似物件を引き合いに出して説明してくれるでしょう。

 

自分で相場をチェックする

 

不動産の相場を調べることで不動産会社が提示してきた査定額に信憑性があるかどうかがわかります。

 

その為、自分で不動産の相場を調べてから不動産会社の見積もりを依頼することをお勧めします。

 

不動産会社の言われるがままになっていると、安く見積もられていてもわかりません。

 

また、相場からかけ離れた価格で販売してしまうと購入希望者から見向きもされないという事になりかねません。

 

こうしたことを避けるためにも自分で相場を調べましょう。

 

相場を調べる方法には以下の2つがあります。

 

  • 近隣の類似物件を調べる
  • 立地条件から相場を調べる

 

近隣の類似物件を調べる

 

現在売りに出されている類似物件の販売価格を調べることにより、自分の物件がどれぐらいで取引されるのかが分かります。

 

例えば、購入者向けの物件検索サイトを利用し、自分の物件の条件を入力し検索で出てきた類似物件の販売価格を調べてみましょう。

 

自分の物件に近い条件の物件が確認できますので、売り出し価格の参考になるはずです。

 

ここで注意してもらいたいのが、ここで確認できるのは販売価格であって、取引額ではないという事です。

 

あくまで相場なので、その価格で取引が成立したわけではありません。

 

立地条件から相場を調べる

 

立地条件から相場を調べるには、過去の取引事例を参考にすることです。

 

自分の不動産が所在する立地では過去にどれぐらいの価格で取引されていたかを調べれば、販売価格の参考になります。

 

しかし、過去の土地の取引事例はプライバシーの関係で第三者が簡単に知ることができません。

 

ですが、個人情報がわからないような形で国土交通省が公表している[土地総合情報システム]を利用すれば閲覧が可能です。

 

不動産取引価格情報検索]から過去2年間の取引価格が検索できます。

 

土地総合情報システム]の欠点は調べたい場所のすぐ近くの取引が公表されているとは限らないという事です。

 

【不動産売却】自分に合った査定方法を選ぶ

 

マンションや一戸建てなどの不動産の販売価格を設定するために不動産会社に査定をしてもらわなければいけません。

 

ですが、仕事の都合で時間が取れない人や、まだ売却することが正式に決まっていない人など、それぞれ事情があると思います。

 

その為、自分に合った査定方法を選ぶ必要があります。

 

不動産査定には以下の3種類の方法があります。

 

  • 簡易査定
  • 訪問査定
  • 一括査定

 

簡易査定

 

簡易査定は机上査定とも言われており、実際の現地に訪れることなく過去のデータ等を参考に査定する方法を言います。

 

物件の所在地、土地や建物の広さ、マンションや一戸建てなら築年数や間取りなどの情報を元に査定していきます。

 

その際は、過去の取引事例や現在販売中の類似物件の販売価格なども参考に算出されます。

 

簡易査定は多くの取引事例を基に算出している為、妥当性がある査定額ではありますが、実際の現地の状況などが加味されていません。

 

その為、算出されるのはあくまでも概算となります。

 

簡易査定は売却するかどうかをまだ検討している人に向いている査定方法と言えます。

 

訪問査定

 

訪問査定は簡易査定で算出されたデータを踏まえたうえで、不動産会社の担当者と実際に現地を訪れて、現地調査を経て査定額を決定します。

 

その物件の事情も反映されるため、簡易査定より精度の高い査定方法です。

 

訪問査定では、周辺環境はもちろん土地や一戸建ての場合は道路や敷地の位置関係などが査定額に影響します。

 

また、一戸建てやマンションの場合は室内の設備の状況や眺望、部屋の位置、バルコニーの向き、周辺環境なども査定額に影響してきます。

 

これまでの部屋の使用状況やメンテナンスの実施状況なども査定価格に影響する要因です。

 

例えばリフォームしたばかりの部屋や、室内を綺麗に使用していた部屋の場合、簡易査定よりもプラスされる可能性が高くなります。

 

逆に、築年数に比べて室内の損傷が激しかったり、設備に不具合がある場合はマイナスになることもあります。

 

実際に不動産を売却する場合、販売価格のベースとなるのは訪問査定の価格です。

 

訪問査定は売却を本格的に検討している人にはお勧めの査定方法です。

 

一括査定

 

一括査定とはインターネットの不動産一括査定サイトから、一度の情報入力で複数社に査定を依頼する方法です。

 

複数の不動産会社から届いた査定額を比較検討し、条件に合った不動産会社へ売却の仲介をお願いすることができます。

 

不動産一括査定サイトのメリットは、自宅にいながら簡単に相場の把握ができるという事です。

 

複数社から来た査定額から大体の相場も知ることができますので、まだ不動産を売却するかどうか検討中の人におすすめです。

 

また、不動産一括査定サイトは無料で利用できますので、まずは査定依頼をしてみて大体の相場を知ってから訪問査定をしてもらい、実際に不動産会社に販売活動をお願いするのも良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事