不動産売却を考える時、一括査定サイトはたくさん見つかるはずです。しかしせっかく利用するなら、

 

  • 高く売れる
  • 実績がある
  • 信頼できる

などといった評判がいいサイトを利用したいですよね。

今回は、そんな一括査定サイトの1つであるSmoolaスモーラ)』についてご紹介します!

 

Smoola(スモーラ)とは

 

『Smoola(スモーラ)』は、全国展開で利用者も多いため、口コミや評判が気になる方が多いかと思います。

 

この記事を読めば、スモーラを実際に利用した方の口コミメリット・デメリットなどが丸分かりです!

Smoola(スモーラ)とは

Smoola(スモーラ)の運営会社は、マンションリサーチ株式会社です。

同社は、代表取締役社長の山田敏碁が2011年に設立して以来、多くの自社メディアを運営しています。

 

マンションリサーチ株式会社

 

マンションリサーチ設立当時は、物件の値段を知るには、直接不動産会社に足を運ぶしかありませんでした。

 

そこで、同氏が誰でも簡単に情報を得られるサービスを起こし、

透明性のあるやりとりができるように

と業界でいち早く、マンション売買のための一括査定サイト『マンションナビ』を立ち上げ、東京を中心に不動産事業を始めました。

 

Smoola(スモーラ)の姉妹サイトのマンションナビ

 

Smoola(スモーラ)はその中で、マンションナビの姉妹サイトとしてサービスをスタートしています。

 

首都圏のみだったサービスも全国に拡大し、現在では利用者も360万人を超えているようです。

 

Smoola(スモーラ)のサービス内容

スモーラでできること
    1. 不動産会社を紹介してもらえる
    2. 中古マンションの相場価格を見られる

Smoola(スモーラ)が売却に対応する不動産は、中古/新築マンション土地戸建です。

 

サイト上で不動産の種類を選択し、詳細を入力していくと、査定と売却を請け負う不動産会社を物件の特徴から紹介してくれます。

 

Smoola(スモーラ)の提携不動産会社数

 

Smoola(スモーラ)が提携する不動産会社は2500店舗あり、紹介に始まり、万が一トラブルが起きた際もSmoola(スモーラ)が仲裁してくれます。

 

また、会社設立時の企業方針としても挙げている

不動産市場を透明化する

という理念の元、不動産の相場価格を地域・住所から見ることができます

 

Smoola(スモーラ)で不動産相場価格を閲覧

 

 物件ごとの検索はもちろん、地域ごとでの不動産価格推移や売買データも、閲覧可能です。

スモーラの売買データ

 

Smoola(スモーラ)の特徴

次に、スモーラの特徴を見ていきます。
スモーラの特徴
  • 売却査定の意思が高いユーザーが対象
  • 丁目・字名単位で売買相場価格を掲載している
  • 無料会員登録をすることで不動産の取引事例を見られる
  • 該当エリアに所在している不動産会社一覧を掲載、売却や購入相談が可能
  • 不動産売買データ全国約800万件を基にした相場価格を公表
  • 利用料金は無料
  • 同時査定依頼会社数は最大9社

Smoola(スモーラ)はより多くのユーザーを獲得するために、2500店舗の不動産会社を登録しています。

 

ユーザーに多くの選択肢を与え、なるべく正確かつ詳細な情報を公開することに力を入れているんですね。

 

また、他一括査定サイトでは選べる不動産会社は最大6社なところが多いですが、Smoola(スモーラ)は最大9社(買取6社・賃貸3社)と選択肢が広いです。

 

Smoola(スモーラ)の査定同時依頼可能数

 

さらに、エリア別に取引価格相場価格を見られることは、Smoola(スモーラ)の大きな特徴です。

 

しかし、多くの一括査定サイトと比べると、独自性の強いサービスがなく差別化があまりできていない印象もあります。

 

メディア 特徴
IESHIL(イエシル) 自社開発AIを用いた参考相場価格の算出
HOME4U 運営会社NTTグループの情報技術とセキュリティ
すまいValue 圧倒的実績を誇る三井・東急・小田急・野村・住友各社による共同運営

 

このように、一括査定サイトの中には大規模な資本に基づいた独自のサービスを展開しているサイトも、多くあります。

 

 

一括査定サイトのビジネスモデル

前述の通り、Smoola(スモーラ)はWeb上の売主と不動産会社を仲介するサービスです。

 

なので、不動産会社にとっての顧客を見つけ、それを紹介することで不動産会社から成功報酬型の利益を生んでいます。

 

Smoola(スモーラ)のビジネスモデル

 

ですから、ユーザーが直接Smoola(スモーラ)に支払う料金はありません。

 

しかし、多くの一括査定サイトと同様に、実際にユーザーの意思がない場合には報酬が発生しないため、サービスの対象となる層は不動産の売買の意思がある利用者のみです。

 

Smoola(スモーラ)の口コミ・評判は?

Smoola(スモーラ)の口コミ・評判には、シンプルな意見が多くみられました。

 

サービスとしてSmoola(スモーラ)は、オーソドックスなシステムなので、取り扱う物件数や選べる不動産会社の数に対する指摘が主でした。

 

Smoola(スモーラ)の良い評判とメリット

満足できた

戸建の売却で悩んだ結果、スモーラを使うことにしました。9社の査定という選択肢の中から実際に売却できた金額には満足できました。査定後の売却計画にも細かく相談に乗ってくれて、その後紹介して頂いた業者さんとはいい関係を築くことができ、転居先も紹介してもらうことができました。

同じ物件でも...

スモーラで、日当たりや方角という査定に関わると知らなかった要素を入力することができたので、より良い評価をしてもらえた。
実際に見積もりをするのは不動産会社なので、一括査定サイトはどこも同じだと考えていたがスモーラの詳細な価格決定要因の項目は役に立った

 

評判からみるスモーラのメリット
実際にスモーラを利用して不動産を売却した方からは「相談してみるとスムーズに進み、取引内容に不満はない」という満足度の高い意見が多いようです。

 

Smoola(スモーラ)の悪い評判とデメリット

1社も見つからなかった

いざ物件の情報を入力して見ると紹介してもらえる不動産会社がなかった。色々調べてみると、同じ運営会社のマンションリサーチがやっているマンションナビとも重複するサービスで戸建よりマンション向けのサイトなのかと感じた。

田舎だったので

田舎の物件だったので、都市部から離れているせいか中小の不動産会社を少しだけ紹介されてあまりピンとこなかった。沢山の会社と相談ができると思っていたので、最終的には違うサイトを利用することになった。

 

評判からみるスモーラのデメリット
運営会社のマンションリサーチは大企業でないため、対応できるエリアや物件の種類など事業の規模的な限界が見られました。そのため、どうしてもサービスの行き届いていない地域もあるようです。

Smoola(スモーラ)の売却事例

次にスモーラの売却事例を、公式サイトを参考に見ていきます。
Smoola(スモーラ)の公式サイトには、マンションから戸建てまで、様々な物件の売却事例が掲載されています。

スモーラ 売却事例

 

このように、実際に多くの方がSmoola(スモーラ)を利用して、マンションや土地・戸建の売却に成功しているんですね。

 

そこでSmoola(スモーラ)に掲載されている「地域別のマンションの相場データ」を見てみると、群馬県高崎市のマンションの平均価格は1,944万円でした。

 

また、東京都中野区の平均価格は3,288万円です(どちらも2019年7月時点)。

 

じゃあ高崎市のマンションを3,670万円で売ったのは、かなり凄いことなんだね!

 

もちろんマンションの売却価格は、部屋の広さなど様々な事柄が影響していますが、Smoola(スモーラ)で売却した多くのマンションは、地域ごとの相場より高く売れているようです。

 

Smoola(スモーラ)での一括査定の流れ

Smoola(スモーラ)で不動産を査定をしたい場合は、サイト上で不動産の情報を入力するとそのまま不動産会社へ仲介されます。

 

スモーラ 売却査定

 

しかも、一括査定の申し込みは45秒であっという間に完了します。Smoola(スモーラ)で一括査定をする際、必要な不動産の情報は以下の通りです。

 

売却査定に必要な情報
  1. 査定物件の住所
  2. 築年数
  3. 占有面積
  4. 居住・空室・賃貸(家賃)
  5. 所有者名義
  6. 売却したい時期
  7. 査定したい理由
    • この7項目を入力した時点で売却・買取or賃貸査定をする最大9社の候補となる不動産会社が表示されます。

 

Smoola(スモーラ)では以上のような情報から、その物件の取り扱いに適した数社の査定額を一括で知ることができます。

 

まとめ

Smoola(スモーラ)の運営会社であるマンションリサーチ株式会社は、資本金9,000万円の中小企業なため、上場企業や大手に比べるとややサービスの規模が小さいです。

 

しかし、高額な投資をして開発された他サイトのユーザーも、最終的には売主として不動産会社との取引をすることになります。

 

まとめ

 

口コミ・評判でも挙げたように、Smoola(スモーラ)で実際に不動産を売却する時のトラブルは少ないようなので、会社とサイトとしての規模には致命的な欠陥はありません。

 

Smoola(スモーラ)のような一括査定サイトを活用する最大の利点は、自ら街の不動産屋に出向くことなく、多くの選択肢を得られることです。

 

他のサイトとの併用も考えて、Smoola(スモーラ)を使ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事