不動産の売買...ほとんどの方が人生でそう何度も経験することではないでしょう。

 

ですが取引としてはみなさんにとって大きな決断を要し、ここでの成功、失敗は今後のライフスタイルに大きく影響してくるやもしれません。

この記事は

    「不動産売却で失敗しない業者選びのコツ、業者ごとの特徴を教えて欲しい!」

     

    という要望にお答えする記事となります。

     

    この記事でわかること

    • 不動産会社の選び方
    • 大手と地元の不動産のメリット・デメリット
    • 簡単に売却予定の不動産を査定する方法

    不動産売却のおすすめな仲介業者の選び方

     

    初めての不動産売却、右も左もわからない。
    一人でやりくりするなんて難しくて到底叶わないですよね。

     

    不動産売却時におすすめな仲介業社は?大手と中小を比較

     

    手痛い失敗はしたくないとなれば、まずは不動産会社に売買の仲介を依頼したい!

     

    けれども、一口に不動産会社といっても様々です。

     

    数ある不動産業者の中からどうやって選べばいいだろう?

     

    不動産売却を手がける仲介業者は、テレビCMや電車内広告でよく目にするような誰でも知ってる大手企業から、地域に密着した昔からあるような中小不動産仲介業者まであります。

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    不動産仲介会社は近所の不動産で大丈夫なのか?
    やっぱり大手の方が安心できるのではないか?

     

    なかなか選びかねますよね。

     

    そこでここからは、大手の不動産会社と、その不動産の地元で営業している地域密着型の中小不動産会社を比較して、それぞれのメリットとデメリットを紹介したいと思います!

     

    大手or地元?不動産仲介業者のメリット・デメリットを比較

    まず不動産を売却する際、不動産との媒介契約を結ぶ必要があります。

     

    また多くの不動産会社の中から、誠実に対応してくれる業者を選ぶためにはコツがあります。

     

    まず「大手の不動産会社」と「地元の不動産会社」は、同じ不動産会社で同じ業務を行なっているように見えてそれぞれ得意分野や特徴が大きく異なるため、売却した不動産の性質によって大手に依頼するか地元に依頼するかを選択する必要があります。

     

    そこで、大手と地元中心の仲介業者のメリット・デメリットをまとめました。

     

    大手 地元中心
    メリット
    • 大手独自のネットワーク
    • 顧客情報が豊富にあり、買主候補が多い
    • 資金力があるため広告を出しやすい
    • 豊富なサービス・オプション
    • スタッフのレベルが一定の水準にある
    • 地域特性に精通
    • 独自の顧客、情報を持っている
    • 対応が親身・きめ細やか
    デメリット
    • 地域の特性理解では地元中心の業者に劣る
    • 対応が画一的
    • 顧客数を多く抱える担当者は条件の良い顧客を優先してしまう傾向
    • 担当者によって差が大きい
    • 顧客数が少ないため売却チャンスは少なくなる
    • 広告宣伝費が大手ほど潤沢ではない

     

    ※あくまでここで挙げたメリット・デメリットは、大手と地元の不動産業者を比べた時の一般的な傾向になります。

     

    大手不動産のメリット

    1買主候補の情報を豊富にもっている

    大手のメリットは、数多くの顧客取引件数から得られる情報量の豊富さです!

     

    大手は、莫大な広告費をかけて自社を宣伝しています。

     

    また、全国に店舗網を展開しているため、ネットワークが広く、故に顧客の情報が全国から集まります。

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    買主候補の母数が多いので、購入希望者とのマッチングがしやすいとも言えます。

     

    不動産を売買しようと考えている人は、とりあえず大手の不動産会社に話を聞きに行くことがほとんどです。

     

    2豊富なサービス・オプション

    大手の不動産は独自のサービスを提供している場合があります。

     

    例えば、不動産大手の「東急リバブル」は「アクティブ売却パッケージアクセル君」という、

     

    • 定額リフォームサービス
    • ホームステージングサービス
    • 売却保証

     

    をセットにしたサービスを提供しています。

     

    +αのオプションは大手だからこそできるメリットであると言えます。

    3豊富なサービス・オプション

    大手では、社員教育が行き届いており、誰が担当者になっても一定レベル以上の仕事が期待できます

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    また、担当者はほぼ全員宅地建物取引士、いわゆる宅建の資格を取得しています。

     

    大手不動産のデメリット

    1地域の特性や地元の詳細な情報は地元の不動産会社に軍配が上がる

    いくら全国各地に顧客を抱えており、多くの購入希望者に物件を紹介できるとは言え、地元独自のコネクションでは長年その地域で不動産を取り扱っている会社の方が地域の特性を理解しています。

     

    面積や価格の他にも、

     

    学区の区分

    町内会の仕組み

    周辺の治安

     

    など、さまざまなことを購入希望者は気にします。

     

    2対応がドライ?

    大手不動産会社では担当者は取り扱っている案件が多いため、条件の良い顧客(安くても早く売却したい顧客)を優先する場合があります。

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    ですのでできるだけ高い値段で売却したいと思っていても条件が厳しいと判断され、後回しにされて売却までに時間がかかる場合があります。

     

    一件一件親身になってくれるとは限らないということです。

     

    地元不動産のメリット

    1地域に密着している

    地元で長年不動産を取り扱っている老舗のような不動産会社では、年月をかけて培ったその地域独自の情報を抱えていることがあります。

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    例えば地元の大地主などと昔からの付き合いがあり、大手不動産では任されない物件を取り扱っている場合があります。

     

    また、物件の周辺環境(学区の区分や町内会の仕組み・周辺の治安など)にも精通していることが多いです。

     

    2対応が柔軟

    例えば、顧客とLINEで情報共有を行なっている会社もあります。

     

    売り手と買い手とリアルタイムで情報共有を行うことで、売却までをスムーズに勧めてくれるような会社もあります。

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

    また、地元では口コミが大きな影響力を持っており、地元の人は周りの人の口コミを聞いて査定を依頼する不動産会社を決めることがあります。

     

    そこで地元の不動産は口コミでの評価をあげるために一件一件親身に顧客対応してくれることが多いです。

     

    地元不動産会社のデメリット

     

    1会社、担当者によって実力差がある

    中小の不動産会社では会社の特徴が反映されやすく、昔のやり方に旧態依然として固執した会社や、社員が高齢で一つ一つの対応が遅く、動きが鈍い会社もあります。

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    また、個人のコミュニケーションの具合で周辺地域との関わりや、知識量が左右されやすく、属人的になりやすいといえます。

     

    2規模が小さい

     

    大手と比較して、中小の不動産会社は買主の認知度が低く、情報が集めずらいため、新規の買主から信頼を得るのが難しいといえます。

     

    また、地元には精通しているものの、全国的に物件を取り扱っているわけではないので遠隔での取引に弱みを持ちます。

     

    【結論】不動産売却時におすすめな仲介業者はどっち?

    ここまで大手と地元の業者を比較してきましたが、仲介業者を選ぶときに重要なのはどちらがみなさんの持っている不動産の特徴に適しているか、ということです!

     

    大手 地元
    都心、新興住宅の物件 郊外、田舎の物件

     

     

    大手不動産会社への売却が向いている人は新興住宅街に物件を持っている人

    大手に向いている人は、新興住宅街に物件を持っている人です。新興住宅地は、新しく開発された土地であり、30〜40代のサラリーマンからの需要が高いエリアになります。購入希望者のサラリーマンは地元の不動産との接点が少なく、またよそから引っ越してくる場合が多いので大手に情報を求めがちです。

     

    大手を利用する人たちが購入したい物件を売却したい場合、大手の豊富な情報力や広告力を十二分に活用できます。

     

     

    地元の不動産会社への売却が向いている人は、郊外、田舎に物件を持っている人!

    売却を考えている物件がいわゆる郊外、田舎にある場合は地元の不動産会社に依頼するべきです。なぜなら大手は利益効率を重視するため、不動産取引の絶対数が少ない地域には進出しません。仮に進出していても営業強化していない可能性が高く、地元の不動産会社が強みを発揮しやすくなります。

     

    さらに郊外、田舎といった地域では地元の有力者が不動産取引の大きなシェアを持っている可能性が高く、そういった人たちとのパイプを持つ地元の不動産会社は心強いパートナーです。

     

    不動産 大手 地元

     

    持っている物件に応じて依頼する業者を選ぶべき!

    最初に目につくのは大手の不動産会社かもしれませんが、不動産業界において「大は小を兼ねる」ということには必ずしもいきません。地元中心の不動産会社にも大手とは違ったメリットや強みがあります。重要なことは、売却を考えている不動産の特徴に応じて、査定を依頼する業者を選ぶべきであるということです!

     

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    一つの不動産会社だけでなくいくつかの不動産会社にも目を通したほうがみなさんの希望に沿った対応をとってくれる可能性が高まります。

     

    ここで挙げた条件に合致する物件を売却するのであれば、最初からある程度方向性を決めても良いと思いますが、そうでない場合、まだ大手か地元か決めかねているという場合は両方に査定依頼をすることをオススメします。

     

    仲介業者選びに困ったら…おすすめ「不動産一括査定サイト」4選

    とはいえ、大小複数の不動産会社を一軒一軒回って比較・検討するのは時間やコストがかかってしまいます。

     

    そこでおすすめなのは「不動産一括査定サービス」です。

     

    不動産一括査定サービスとは

    売却したい不動産の住所や面積などの基本情報を入力するだけで、最適な不動産会社を見つけることができるサービス。
    さらに、複数の会社にまとめて売却価格の査定を依頼できます。

     

    査定結果が届いたら各社の査定価格や売却プラン等を比較して、条件の合致した不動産会社へ仲介を依頼することができます。

     

    そこで複数の企業を比較するのに活用できるサイトを4つ紹介します!

     

    1「HOME4U(ホームフォーユー)」

    「NTTデータ」の子会社が運営している、売却査定数35万件以上を誇る国内初の不動産一括査定サイト。

     

    オススメの人
    サイト大手・中堅から地域密着まで多くの不動産会社に相談したい人

     

    home4u

    NTTグループが運営しているということもあり、契約している不動産業者も信頼性の高い会社であることがほとんどで、個人情報の管理もしっかり!

     

    2「すまいValue」

    すまいValueは一括査定で唯一の大手不動産会社に依頼ができるサービス!

     

    オススメの人
    人口の多い都市部を売却予定の人

     

    すまいvalue

    大手不動産会社と言えば、

     

    三井不動産リアルティ株式会社

    住友不動産販売会社

    東急リバブル株式会社

    野村不動産アーバンネット株式会社

    三菱地所ハウスネット株式会社

    小田急不動産株式会社

     

    などが有名ですよね。

    実は、すまいValue経由で依頼できる上記の不動産会社だけで不動産流通の40%を占めています。

     

    3「おうちダイレクト」

    おうちダイレクトは、Yahoo!不動産とソニー不動産が共同で提供している不動産一括査定サイトの一つ。

     

    オススメの人
    関東エリア(東京、埼玉、神奈川、千葉)、関西エリア(京都、大阪、兵庫)の人

     

    おうちダイレクト

     

    ソニー不動産に唯一査定できるサイト。

     

    Yahoo!のサポートがあるということで、豊富なネット広告を駆使して買主を見つけやすいサイトになります。

     

    4「イエウール」

    1,700社以上の不動産会社が参画する国内最大級の不動産査定サイトが「イエウール」です。

     

    オススメの人
    他の一括査定サイトを使っても不動産会社が数多く見つからなかった人

     

    イエウール

     

    特徴としては、提携している会社が多いので売却したい不動産が都市部と離れた田舎などにある物件でも検討できる会社が多いという点です。

     

    まとめ

    不動産売却するときおすすめな仲介業者はどこ?大手と中小を比較

     

    売却を考えている不動産の特徴に応じて査定を依頼する業者を選ぶことが重要になります。適切な業者と契約することで売却をお考えの皆さんの希望により近い形で取引を行うことができます!

     

    不動産売却で良い業者と契約するためには様々な不動産会社に一括で査定でき、比較・検討できる不動産一括査定サイトがおすすめです!

     

    まず一括査定サイトを活用して査定を受けることでそこから具体的な売却像をイメージできるはずです!

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おすすめの記事