これから不動産を売却しようと考えている人で、

 

不動産を査定してもらいたいけど、「査定書」って何だかよく分からない…

 

といった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな初心者の方でも分かりやすいように、「不動産の査定書」について解説していきます。

 

この記事でわかる事
  • 不動産査定書の入門知識
  • 不動産査定書の無料の作り方
  • 不動産査定書のひな形・フォーマット
  • 不動産会社が出す査定額の注意点

     

    不動産の査定書とは?

     

    不動産会社に不動産の売却査定依頼をすると、会社によっては報告書(査定書)を発行してくれます。

     

    この査定書は、買主のために物件の細かい情報を共有する際にも非常に役立ちます。

     

    また、これらの査定書の出来で、どこの不動産会社に依頼するかを選ぶ資料にもなります。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    中古の不動産には定価というものがありませんので、不動産会社に依頼をして現在の不動産の価値を調べてもらう必要があります。

     

    査定書とは、こうした細かい内容が記載されているものです。

     

    査定書の内容は不動産会社によって様々

     

    不動産査定書はあくまでも不動産会社が依頼者のために算出したもので、公的な資料ではありません

     

    そのため、役所などの証明には利用できません。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    また査定書の内容は、不動産会社によって異なってきます。

     

    これは各不動産会社の算出方法と、参考にするデータが会社ごとに違うためです。

     

     

    不動産査定書を作成するときに必要なもの

     

    不動産査定書を作成してもらうとき、特に必要な書類はありません

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    不動産会社は、査定をするために

     

    • 土地の面積
    • 建物の面積
    • 築年数
    • 構造
    • 前面道路
    • 上下水管

     

    などを調べてくれます。

     

    ポイント

    もし新築当時のパンフレット資料をまだ持っている場合、さらに細かな査定ができるので不動産会社に提出しましょう。

     

     

    作成費用は無料!不動産査定書の作り方

    不動産査定書の作り方は2パターン

     

    不動産査定書には2つの種類があり、

     

    • 無料
    • 有料

     

    で作成してもらうやり方があります。

     

     

    2種類の査定書

    1. 不動産会社が、個人の顧客の不動産を売却するために、作成する無料の査定書
    2. 不動産鑑定士が作成する、対象の不動産を様々な観点から価値を判断して査定額を出した、有料の査定書

     

    不動産会社が作る査定書は、かかった費用を顧客に請求できないため、無料となります。

     

    対して、一般的に「不動産査定書」と言われる不動産鑑定士が作成する査定書は、有料です。

     

    不動産鑑定士が作成する査定書の費用は?

     

    不動産鑑定士が作成する査定書の費用の相場は、15万円〜30万円程度

     

    鑑定士は国土交通省が定める不動産鑑定評価基準に基づいて、不動産を査定します。

     

    不動産会社が無料で査定書を作成する理由

     

    不動産会社が行う査定は、国が定める評価基準に基づいて行っているわけではありません。

     

    そのため手続きも簡単になっており、評価方法や不動産評価書の形式も規定されていないのです

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    不動産会社は不動産を評価する際に、評価のための具体的な手続きをする必要がないため、価格を自由に評価することができます

     

    つまり、不動産会社の主観を入れても問題がないということです。

     

    多くの人は個人で不動産を売却する際、販売価格を知りたくて、不動産会社に査定書の作成を依頼します。

     

    ポイント

    不動産会社が出した査定額は、3カ月以内で売却が可能とみられる価格です。

     

     

    不動産査定書の無料ひな形・フォーマットは?

     

    不動産査定書のひな形・フォーマットは、以下のリンク先で無料でダウンロードすることができます。

     

    価格査定書のダウンロード
      • 価格査定書(戸建て住宅用)(任意書式-2)
      • 価格査定書(マンション用)(任意書式-3)

    http://www.jl-servicer.co.jp/estate/

     

     

    不動産会社が出す査定額は正しい?見極める3ポイント

     

    不動産会社が出す査定額は、そのまま鵜呑みに信じるのではなく、根拠のあるものなのかを見極める必要があります。

     

    ここからは、その見極め方をご説明します。

     

    1査定書に価格の具体的な記載があるか

     

    査定書に例えば、

     

    査定額は○○万円ですが、売り出し時の価格は○○万円で、上限は○○万円です

     

    などの説明文があれば、信頼できる査定という事になります。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    注意

    具体的な内容が書かれていない査定は、信用できるとは言えません。

     

    この場合、対象の不動産の周辺の相場についての理解が足りない可能性があります。

     

    2査定書の内容は分かりやすいか

     

    また、査定書の分かりやすさも重要です。

     

    読みやすくわかりやすい査定書であれば、物件の情報チラシなども見やすく作成してくれる可能性が高いです。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    そうなると興味を持ってくれる購入希望者の目に留まりやすくなります。

     

    注意

    数字ばかりの読みづらい査定書を作成する不動産会社には、注意した方がいいでしょう。

     

    3正当な理由で値下げの説明をしてくれるか

     

    不動産の売却では必ずと言っていいほど、値下げの交渉を持ち掛けられます。

     

    少しの値下げは仕方がないかもしれませんが、不動産会社側が希望額以上の値下げには応じられない理由や、値下げをしない正当性を購入希望者にしっかりと説明できれば、売主の希望金額の範囲内で交渉をまとめてくれる可能性が大きいです。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    どうしても希望金額の範囲から出てしまう値下げをして売却することになってしまっても、その理由をしっかりと説明してくれる担当者であれば、満足のいく売却ができます。

     

     

    不動産査定額について2つの注意点

    1査定価格はあくまでも「助言価格」

     

     

    注意

    不動産会社から提示される査定額は、あくまでも”助言の価格”であって、実際にその金額で売れる事を保証した金額ではありません

     

    不動産会社の中には、物件の売却を任せて欲しいがために、わざと査定額を高く提示してくる不動産会社もあります。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    そのため、見積もりは必ず複数の不動産会社で行い、その提示額の根拠も示してもらうと良いです。

     

    2査定価格と売り出し価格は異なる

     

    上記の助言価格と同じで、査定額=売り出し価格ではありません

     

    複数社の査定額を見て、

     

    • 今自分の不動産がどれぐらいの価値なのか
    • 類似物件は現在いくらぐらいで売り出されているのか

     

    を見極める必要があります。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    そのためには、インターネットの不動産一括査定サイトなどを利用して、自分の不動産の相場を知らなければなりません。

     

    相場を把握し不動産会社に査定額を提示してもらったら、それを踏まえて売り出し価格を設定していきます。

     

    その後価格交渉などが入り、実際の売却額まで徐々に値下げをしていきます。

     

     

    査定書の作成依頼は一括査定サイトがおすすめ

     

    不動産の査定をしてもらうのに、一社一社不動産会社に依頼するのは、非常に手間のかかる事です。

     

    そこで、インターネットから登録できる不動産一括査定サイトというものがあります。

     

    不動産査定書の無料作成方法は?ひな形やフォーマットも紹介

     

    全国の不動産会社と提携しており、一度の入力で複数社の不動産会社に査定依頼をすることが可能

     

    売り手に売却依頼をしてもらいたいと考えている不動産会社は、喜んで査定してくれます。

     

     

    注意

    しかし、売却依頼を取りたいからわざと高い査定額を提示してくる不動産会社もありますので、高い評価を出してくれた不動産会社が正解というわけではありません。

     

     

    まとめ

     

    不動産査定書は不動産を売却する上で利用することの多い書類です。

     

    一概に不動産査定書と言ってもその書式や種類が沢山ありますので、その内容も異なってきます。

     

     

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おすすめの記事