不動産一括査定サイトって何?

イエイと他のサイト何が違うの?

 

不動産売却の第一歩である査定を仲介してくれるのが、不動産一括査定サービスです。

 

不動産一括査定サービスを行なっているサイトは沢山ありますが、中でもよく聞く「イエイ」にはどのような特徴があるでしょうか?

 

この記事ではイエイ」の特徴的なサービス口コミ・評判を紹介していきます。

不動産一括査定サイトの「イエイ」って?

不動産の売却について調べていると、よく「イエイ」というサイトを目にします。

 

イエイとは、一体どういうサイトなのでしょうか?

 

まず始めに、不動産一括査定サイトイエイについて、それぞれどのようなサービスなのかを紹介していきます。

 

イエイのサービス

イエイは10年以上の運営を続け、利用者数400万人を超える不動産一括査定サイトです。

 

イエイ

 

 

不動産一括査定サイトとは
一度の不動産査定依頼で、複数の不動産会社の査定を知ることができるサービスのこと。
ネットで簡単に机上査定をしてもらうことができます。

不動産一括査定サイトで査定できる地域や不動産の種類はサイトによって異なり、サイトによっては首都圏の不動産だけ、マンションだけなど限定的な不動産を対象にしているサービスもあります。

 

しかしイエイは、全国47都道府県の各種不動産に対応しています

 

イエイで査定依頼できる不動産の種類
  • 一戸建て
  • 土地
  • ビル一室
  • マンション一室
  • アパート一棟
  • ビル一棟
  • 工場・倉庫
  • 店舗・事務所
  • 農地・畑・田んぼ
  • 山林
  • その他

 

机上(簡易)査定と訪問査定の違い

不動産の査定には、

 

  • 机上(簡易)査定
  • 訪問査定

 

の2種類があります。

 

机上査定とは

机上査定は、不動産の立地や間取りなどの数字から相場や過去の売却履歴と照らし合わせて机上で査定額を計算する方法で、簡易査定とも言われます。

この机上査定に対して、訪問査定は実際に不動産(主に建物)を訪問し、周辺や建物の様子を確認してからより詳細な査定額を算出します

 

一括査定サイトでは、机上査定の額から売却の相談をする不動産会社を選ぶという形式になっています。

 

イエイは全て無料で利用できる

イエイでのサービスは、全てが無料で利用することができます

ではイエイはどうやって、ユーザー以外から利益を得ているのでしょうか?

 

イエイのビジネスモデル

一括査定サイト 仕組み

 

図のようにイエイは「不動産を売りたい」という顧客を不動産会社に紹介することによって、不動産会社から成功報酬型の利益を得ています

 

 従って、ユーザーが支払う料金がまったく発生しません。

このビジネスモデルはイエイだけではなく、多くの不動産査定サイトがこの仕組みによってユーザーの利用料金を無料にしています。

 

不動産売却にかかる料金はいくら?

イエイを利用する際は料金がかかりませんが、不動産売却では不動産会社への仲介手数料(売却価格×数%)や各種税金などがかかります。

 

仲介手数料の上限額

取引額 報酬額
200万円以下のとき 取引額×5%
200万円を超え400万円以下のとき 取引額×4%
400万円を超えるとき 取引額×3%

 

売却の際に必ずかかる税金や、手数料を安く抑えるコツについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さいね。

 

 

イエイの運営会社「セカイエ株式会社」とは?

イエイを運営するのは、セカイエ株式会社です。

 

セカイエ株式会社は、携帯ゲームなどのGREE(グリー)の傘下を経てイエイを設立した株式会社Qと合併し、2017年に現在のセカイエ株式会社となりました。

 

セカイエ株式会社

 

インターネットメディアの企画・開発が主要な事業で、イエイもその一つです。

 

現在セカイエ株式会社は非上場企業ですが、設立以来10年以上サイトを運営してきたノウハウがあり、提携する不動産会社は1000社以上にのぼります。

 

イエイのような不動産一括査定サイトを利用するメリット

ここまでイエイについて説明してきましたが、そもそも不動産一括査定サイトの利用って、売却する上で必要なのでしょうか?

 

無料の不動産一括査定サイトを利用するメリットは、主に以下の2つになります。

1スマホ一台で簡単に不動産査定ができる

不動産業界では、NTTデータの「HOME4U」が初めて不動産一括査定サービスを開始したと言われています。

 

 

ネットや一括査定サイトが普及する以前は、家の近くの不動産屋や贔屓にしている業者に直接足を運んで査定を依頼する、というのが一般的でした。

 

しかし、一括査定サイトを利用することで、複数の不動産会社の査定額をネットですぐに知ることができるようになり、不動産を最も高く売ってくれる不動産会社を見つけられます。

 

家 査定額 違う

 

図のように、同じ物件を売るにしても不動産会社のノウハウや地域性によって査定額は異なります

 

不動産の査定額は固定資産税評価額などの同一の尺度によって決まるわけではなく、売却を担当する不動産会社が「どのくらいの価格で売ることができるか?」という見積もりです。

 

その見積もりを高く出してくれる営業力や実力のある会社を探すことができるのが、不動産一括査定サイトを利用する最も大きなメリットの一つです。

 

 

2悪徳業者を排除できる

不動産一括査定サイトが提携する不動産会社は、悪徳業者の割合が低いと考えられます。

 

しつこい営業電話や囲い込みといった違法な取引を行う業者を紹介することは、サイトの信用を下げることにもなります。

 

万が一、そのような悪徳業者がいた場合には、ユーザーがサイトに通報することができます。

 

囲い込みとは

 

 

囲い込みとは、上の図のように、不動産会社などの仲介人が仲介手数料を儲けるために意図的に情報を独占することです。

 

通常の不動産売買では、売主に依頼された仲介人はレインズ(不動産流通標準情報システムで不動産の情報を同業者と共有します。

 

そこから、

 

少しでも安く買いたい!

 

という買主を売主に引き合わせるのが不動産会社の仕事です。

 

この売主と買主のどちらの取引も仲介することができれば、単純計算で仲介手数料を2倍稼ぐことができますよね。

しかし、高く売りたい売主安く買いたい買主を同時に顧客として抱えることは利益相反になります。

 

 買主の承諾なしに独占的な取引を行うことは、不正行為として違法になることもあります。

 

イエイの口コミ/評判から見るメリット・デメリット

実際にイエイを利用して不動産を売却した方は、どのような感想を持っているのでしょうか?

 

 

ここから、イエイの良い口コミと悪い口コミに分けて紹介します。

 

イエイの良い口コミ・評判

簡単

イエイの一括査定を利用してスマートフォンから簡単に数社からの査定をみることができました。
その中で査定額が一番高い不動産会社に売却をお願いして希望していた以上の金額で売却することができました。

中小企業が選べた

いくつかの他の一括査定サイトと比較検討しましたが、大手のみで数社よりも地域に密着している会社に査定と売却相談をできたのがよかったと思います。

満足しています

とりあえず査定をしてみようと利用しましたがネットから簡単に依頼できていくつかの査定を見比べられたので売ることに決めました。そこからはスムーズに進んで不動産を売る経験は初めてでしたが満足しています。

 

良い口コミ・評判から見るイエイのメリット
ホームページから簡単に査定依頼ができて、すぐに結果がわかること、また複数社への一括査定依頼がユーザーにとって理想の売却価格に近づけてくれることが高評価の理由になっているようです。

 

イエイの悪い口コミ・評判

大手だけだった

大手や中小の中から最大6社に査定依頼ができるということでしたが、実際に査定依頼してみると大手しか出てこず、あまりサイトを利用する意味がないなと思いました。

対応が悪い

一番高く査定してくれた不動産会社で売ることにしましたが話も難しくあまり親切な対応とはいえませんでした。結局家を売ることはできましたがもうしこし違うやり方もあったかもしれないと思います。

電話がしつこくかかってきた

イエイで査定を出してから営業電話がかかってくるようになりました。業者も決めていたので毎回断らないといけませんでした。サイトではそういうのを排除していると書いてあったのに面倒でした。

 

悪い口コミ・評判から見るイエイのデメリット
業者からの営業電話がしつこいという意見もありました。ユーザーの申告などに基づいて悪徳業者を排除しているイエイですが、一部対応仕切れていない部分もあるようです。もし、トラブルがあった際でもイエイに問い合わせればきちんと対応してくれるようですが、手間もかかりますし、ネガティブな印象を与えたようです。

 

イエイの特徴的な4つのサービス

不動産一括査定サイトはいくつもありますが、その中でイエイのサービスはどのように差別化されているのでしょうか?

 

イエイ サービス

 

次に、イエイの特徴的なサービスを挙げていきます。

 

1700社以上の提携不動産会社から査定比較できる

イエイでは一括査定を依頼すると、イエイに登録している1700社以上の不動産会社の中から最大で6社の査定額を一度に知ることができます

 

紹介される6社は査定を依頼した不動産の性質や地域性から、イエイが物件を取り扱うことに適していると判断した不動産会社です。

 

イエイに登録している主な不動産会社
イエイ 主な登録企業

 

主な不動産一括査定サイトの登録社数

サイト名 登録している不動産会社の数 主な不動産会社
イエイ 1700社以上 大手から中小まで様々
イエウール 1700社以上 大手から中小まで様々
IESHIL(イエシル) 非公開 非公開
おうちダイレクト 9社 ヤフー不動産、ソニー不動産
住まいvalue 6社 三井・東急・小田急・野村・住友
smoola 2500社以上 大手から中小まで様々
HOME4U 1300社以上 大手から中小まで様々

 

主な一括査定サイトの特徴一覧(クリックで拡大)

 

こうして表で見ると、他の一括査定サイトと比べて1700社という数はあまり多くないように見えるかもしれません。

 

しかしイエイには、不動産一括査定サイトとして10年以上運営してきた実績があり、長年かけて1700社の優良不動産会社を厳選しています

 

 

 

先述したように、一括査定サイトによって提携不動産会社数や種類も異なってきますので、イエイ以外の一括査定サイトに関しては以下も参考にしてみて下さい。

 

 

イエイでアフィリエイト

不動産一括査定サイトにはいくつか、アフィリエイトパートナーを募集しているサイトもあります。

 

イエイのアフィリエイト広告を掲載するメリットは、不動産そのものや証券など高価な商品の購入ではなく、ユーザーがサイトに登録し査定依頼を誘導する点です。

 

アフィリエイトパートナーを募集している不動産一括査定サイト
  • smoola(スモーラ)
  • イエウール
  • イエイ など

person using MacBook Pro

 

イエイのホームページでは、アフィリエイト広告の申請フォームが用意されています。しかし法人向けのものなので、会社名の入力が必須です。

 

個人でイエイのアフィリエイト広告を掲載したいという人は「Link-A」などのASPサービスを利用しなければいけないようです。

 

お断り代行サービス

この会社をよく調べてみると評判が悪い

営業電話がしつこい…

 

イエイの一括査定サービスなどを通して、売却相談を依頼したものの、対応やその他の様々な事情によっては仕事を任せることができないと判断することがあると思います。

 

高圧的な態度や悪質な営業をする不動産会社への依頼を、イエイでは代行して断ってくれるサービスがあります。それが「お断り代行サービス」です。

 

イエイ お断り代行サービス

 

対象はイエイの一括査定を利用した場合に限らず、不動産会社とのトラブル全般に対応していて、他のサイトにはないイエイの最も特徴的なサービスです

 

宅建所持者が教える不動産基礎知識

イエイには、宅建所持者の編集長が教える「不動産の基礎知識」というコラムがあります。

 

イエイ 編集長が教える不動産基礎知識

 

「不動産の基礎知識」では、専門知識を持ったライターが不動産の売り時や買い時、市場や具体的な物件を取り上げてわかりやすく解説している記事が多数掲載されています。

 

不動産売却についての知識は一般的には馴染みのないので、不動産会社などに任せっきりになってしまいがちですが、この記事を読むことで少しでも損をしない選択肢が見つかると思います。

 

宅建とは

正式には宅地建物取引士という国家資格で「宅建」や「宅建士」という通称で呼ばれます。
不動産取引において専門的な知識を持つ者が専横しないように、国の資格として不動産の取り扱いについて定めた消費者を守るための制度です。

 

まとめ

 

今回、イエイは不動産一括査定サイトとしての実績や歴史から見ても信用のあるサービスということがわかりました。

 

イエイの特徴としては、一度に査定を依頼できる会社が6社と多く、大手から中小まで様々あるということと、サイトが対応している不動産の種類が多いことが挙げられます。

 

不動産の種類や売却の方向性によって、色んなサイトを見てみてください。

 

イエイがオススメな人

 

イエイの一括査定がオススメなのは依頼したい不動産会社にこだわりがないという人です。

 

大手小といったくくりにとらわれず、査定額や話を聞いてから売却を任せる相手を決めたいという人は、イエイの一括査定でいろんな不動産会社と出会えることはメリットだと思います。

 

イエイがオススメできない人

 

売却するときの金額だけではなく、売却の時期やトラブルの対応などを考えて、きっちり事務的に取引したい人はイエイがオススメではないかと思います。

 

身近な不動産会社圧倒的な業績を誇る大手に任せてしまった方が自分で考えたり、あれこれ悩む必要もないという考え方もあります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事