「マンション」「価格」等で検索すると出てくるイエシル(IESHIL)というサイト。

 

イエシルトップ画面

 

イエシル(IESHIL)はweb上に数ある不動産サービスの1つですが、利用する上でどの程度信用できるサイトなのか気になりますよね。

 

そこで今回は、イエシル(IESHIL)の利用方法と注意点を紹介します。

 

  • イエシルに掲載されている価格は、他のサイトと比べて何が違うのか?
  • イエシルのデータの情報元は?
  • イエシルはどういう仕組みで運営されているのか?

 

特にこの3つは、不動産サイトを知る上でとても大切な情報ですので、ぜひ参考にされてみてください!

イエシル(IESHIL)とは

イエシル(IESHIL)が提供する主なサービス
  • 住所・地域・最寄駅からのマンション検索
  • 1部屋単位での参考相場価格の閲覧
  • マンションのリアルタイム査定
  • マンション売却の仲介を行う不動産会社の紹介

イエシル(IESHIL)は、求人広告の無料掲載や採用祝い金の導入を先駆けて行った「ジョブセンス(現マッハバイト)」を運営する株式会社リブセンスが設立した、ウェブメディアの1つです。

 

turned on silver iMac

 

リブセンスはイエシル(IESHIL)のほか、

 

  • 賃貸検索の「DOORchintai」
  • 不動産業界向けの「イエシルコネクト」

 

といった不動産事業を行なっています。

 

有料?無料?イエシル(IESHIL)ではどんなデータを見られる?

イエシル(IESHIL)は、web上でのマンションのリアルタイム査定と不動産会社の仲介を行うサイトです。

主に、AIを使った不動産の相場価格無料で公開しています。

 

 

AIはオープンデータを収集するもので、一般的な不動産会社が利用する「レインズ」とは異なるシステムです。

 

このデータによる参考相場価格の精度は、この後検証していきます。

 

オープンデータとは

営利目的・非営利目的に関わらず、公的な調査内容を機械判読に適した形で無償で提供するデータ。

 

レインズって?

レインズ(REINS)とは「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」の略称です。

同システムは、宅地建物取引業法に基づく国土交通大臣の指名によって構成されます。

 

REINS

主に不動産会社が売主の合意のもとで売却する不動産の情報を登録し、全国の不動産業者の間で共有されています。

 

イエシル(IESHIL)の評判・口コミ

次に、イエシルの評判や口コミを見ていきましょう。

 

イエシル(IESHIL)の口コミは、いい評判が多いようです

不動産会社への仲介やサイトの操作性には、一定の評価がありました。

 

不動産個人売買

 

データの精度については賛否両論分かれるようですが、イエシル(IESHIL)の公式サイト上で「データは研究開発中なので完璧なものではない」と説明されています。

 

イエシル(IESHIL)の良い口コミ・メリット

マンションの価格比較が簡単

マンション名を入れるだけで、各階の部屋の参考相場価格の一覧を見ることができて、とても良かった。気になっているマンションの近くのマンションも、マンション名を入れるだけで価格を見ることができるため、すぐに比較ができとても便利だった。

売却成功までスムーズでした

自宅マンションを売るきっかけになったのは、ネットで応募していたこの会社のセミナーに参加したことです。セミナー講師の的確で分かりやすいアドバイスがあり、不動産売買についての現状や高値で売るコツなどを知ることができて、その後無事に売却にこぎつけることができました。インターネットの他社の査定サービスも受けたのですが、ここの査定金額が一番よかったのも売却の決め手でした。

マンション検索にかなり便利なサイト!

マンション名がわからなくても、駅名や路線名を入れれば、検索できるところがとても便利だと感じました。イエシルのホームページから引越し見積もりができるページへのリンクが貼ってあるのも、配慮が行き届いていて使いやすかったです。
評判からみるイエシルのメリット
  • マンションの価格検索が簡単
  • 価格検索は、駅名や路線名からも可能
  • マンションの価格比較もできる
  • 売却開始から完了後の引っ越しまでスムーズに進められる

 

イエシル(IESHIL)の悪い口コミ・デメリット

信憑性があまり...

引っ越しを考えていたので、知り合いに勧められたこともあって試しにイエシルでの査定を見てみたのですが、正直あまり信ぴょう性がないように感じてしまいました。20年近く住んでいたマンションにしては高く見積もりすぎなのではないかと思います。新しい会社なのでしょうか?ネットで調べてみてもあまり情報がなく、他の会社にも査定をお願いしてみようかなと思います。良いところをあげるとすれば、分譲時の価格が分かってそこが便利なことくらいですかね。

使えるのは首都圏のみ

東京、神奈川、埼玉、千葉のマンションの価格しか見ることができないのが不便。他の県のマンションの価格も見ることができるようになれば、もっと便利だと思う。

 

評判からみるイエシルのデメリット
  • ネット上での情報が少なめ
  • 対象マンションは首都圏のみ

 

 

イエシル(IESHIL)の参考相場価格・査定の精度は?

イエシル(IESHIL)では首都圏マンションの市場価格や市場価値を閲覧することができますが、公開している価格の信頼度マンション査定の精度はどうなんでしょうか?

 

そこで調べてみたところ、以下のことが判明しました。

 

イエシルの価格・査定精度について
  • 参考相場価格はAIが算出している
  • 査定の精度向上のため、市場価格算出テストを繰り返している
  • 参照しているデータは、統計的根拠に基づいたデータ

 

参考相場価格はAIが算出

イエシル(IESHIL)が公開するマンションの参考相場価格は、ビッグデータを参照し、機械的に平等に算出されています

 

自社開発したAI(人工知能)が日々、市場価格算出テストを繰り返し査定の精度を高めているため、他の不動産業者よりも高い公平性を確立していると言えるでしょう。

 

イエシル 市場価格算出テスト

 

もちろん、例外的な価格決定要因によってAIが処理しきれない不正確な情報もありますが、日々更新されていく情報の透明性が確保されています。

ポイント

イエシル(IESHIL)が行なっているのは、治安や災害危険度・地域の経済的成長性なども含めたビッグデータから統計的に導かれる、情報技術の先端的事業です。

 

大学研究室とも協力してサービスを開発

一般的な不動産会社は、先述した「レインズ」や取引のノウハウから不動産査定を行います。

 

しかし先述した通りイエシル(IESHIL)は、統計的根拠に基づいたデータを参照しています。イエシル(IESHIL)の本質的なサービスは、不動産ではなくITなのです。

 

IESHIL(イエシル )の仕組み

 

イエシル(IESHIL)を運営する株式会社リブセンスは、人材派遣サイトの『ジョブセンス』の運営を開始した際開発した、実績ある情報技術の利用を特徴としています。

 

日本大学の清水千弘研究室をはじめとした研究成果AIの収集するデータ、紙媒体の電子化から導き出す査定額には、科学的な信憑性があると言えるでしょう。

 

イエシル(IESHIL)の仕組みは?マンション売却の流れ

イエシル(IESHIL)のサービスは、マンションの検索と売却査定です。最寄駅と地域から物件を検索し、参考相場価格を閲覧できます。

 

地域や最寄駅からマンションを検索し、一部屋ごとに参考相場価格を知ることができます。

 

イエシル マンション 検索

 

イエシル 参考相場価格

 

注意

ただし対象は関東のマンションのみです。また、一部の価格情報を閲覧するには、無料の会員登録が必要です。

 

イエシル(IESHIL)でのマンション売却の流れ

イエシル(IESHIL)が行うマンションの売却査定は、パソコンから情報を入力することで、無料かつリアルタイムですることができます。

 

イエシルのサイトで以下の項目を入力するだけで、物件の特性からイエシルが不動産会社を3社に絞り、紹介してくれます

 

イエシル 査定

 

イエシルでマンション売却する際の入力事項
  1. 売却したい物件の住所、あるいはエリアや最寄駅から検索したマンション名
  2. 部屋番号、平米数、築年数、賃貸中・空室などの状況
  3. マンションの名義と売却を希望する期間(年数やなるべく早く等)
  4. 連絡先・住所などの個人情報

 

具体的な売却プランを建てたい場合は、無料で不動産会社所属ではない有資格の宅地建物取引士らのカウンセリングを受けることができます

 

どんな不動産会社を紹介されるの?

ユーザーとして不安を抱えることもあるでしょう。ですが、あくまでもイエシル(IESHIL)は、ユーザーと不動産会社との中立を強調しています。

 

不動産個人売買

 

しかし、不動産業界での大手企業が合同で運営する「すまいvalueがあるため、紹介される不動産会社はそれらとは異なりますが、囲い込みは十分に防ぐことができるでしょう。

 

もし大手ではなくても、一部上場企業のリブセンスが優良と判断した店舗には地域や売主に寄り添った取引が期待できるはずです。

 

囲い込みとは

不動産の売主としては広く買主を集うために避けたい基本事項で、不動産業者が顧客を社内・関連企業で斡旋することです。

 

不動産売買の仲介手数料には、法定の上限があります。

 

物件が400万以上の場合
仲介手数料=売買価格×3%+6万円

 

売主と買主をそれぞれ仲介した業者は、法定上限までこの手数料を請求することができます。

 

 

もしこの時、不動産の買主と売主の両方から委託を得られれば、どちらからも仲介手数料を取ることができるため、単純計算で利益は倍になり「囲い込む」という手法が存在します。

 

売主の合意がないのにも関わらず、物件やその情報を独占することは、宅建業法違反に当たる悪質な行為です。

 

他社と違う!イエシル(IESHIL)の4つの特徴

次に、他の不動産サービスとは違うイエシル(IESHIL)の特徴を見ていきましょう。

 

無料のマンションリアルタイム査定

イエシル(IESHIL)の、現在の市場価格が分かる「リアルタイム査定」を利用すれば、

 

まだ売却するかは分からないけど、マンションの査定額は知りたい!

 

といった場合に大きく役立ちます。

 

イエシル(IESHIL)を利用する際、会員登録は不要

簡単な画面上での操作をするだけで、無料で多くのデータを得ることができます。

 

そのため、

 

  • おおよその概算でまだまだ売却の意志が固まっていないとき
  • 不動産の価値を比較したいとき

 

などイエシル(IESHIL)の用途は様々です。

 

物件の周辺情報がかなり詳しい

 

イエシル(IESHIL)でマンションを検索すると、不動産の周辺情報として以下のことが表示されます。

 

  1. 地震への安全性
  2. 洪水への安全性
  3. 液状化への安全性
  4. 津波への安全性
  5. 土砂災害への安全性
  6. 避難場所
  7. 保育園・学区

     

    1~6については、検索したマンションの各種災害危険度を、地図上と図によってその指標をわかりやすく表示してくれます。

     

    7は、公立と私立に分けて保育園から中学校までの教育機関へのアクセスや定員を、一度に見ることができます。

     

    イエシル 周辺情報

     

    多くの不動産サイトではおよその価格帯のみを羅列していますが、イエシルではこんなにも多くの情報を簡単に知ることができるのですね。

     

    不動産会社と優先的に相談できる

    時々、飛び込みで不動産の売却相談をしても、不動産会社とすぐにコンタクトが取れないという問題が発生します。

     

    イエシル(IESHIL)ではそのようなことが無いように、イエシル(IESHIL)に売却相談をすると、不動産会社に優先的に紹介してくれる紹介客の枠を120組限定」で設けています

     

     

    「イエシルからの紹介」となることで不動産会社でも優先的に対応してくれるので、短時間で売却を進めたい方におすすめです。

     

    不動産会社を最大3社紹介してくれる

    イエシル(IESHIL)でリアルタイム査定をした後、査定価格を元にイエシル(IESHIL)が優先紹介枠を持つ不動産会社を3社に絞って紹介してくれます。

     

    その後売主は不動産会社と相談し、実際に売却する価格を不動産会社と決定する流れになります。

     

    イエシル(IESHIL)には実際に紹介される不動産会社のリストや、登録件数などは公表されていません

     

    不動産会社の中には、売主に仲介役として選ばれるために、販売価格を高めに設定する悪徳な会社もあります。

     

     

    しかしイエシル(IESHIL)が提携している不動産会社は「実際に売却できそうな価格」を査定価格として提示する不動産会社に絞っていますので、トラブルを回避するためにも、安心して利用することができます。

     

    イエシル(IESHIL)を運営する株式会社リブセンスの信用度は?

    株式会社リブセンスは、代表取締役社長の村上太一早稲田大学1年生在学に設立しました

    村上太一は高校時代から簿記検定2級取得、情報処理技術者試験合格と経営者を志し、2006年にリブセンスを設立。

     

    リブセンス

     

    その後アルバイト情報サイト『ジョブセンス』のサービスを開始し、2011年に東証マザーズ上場。2012年に、25歳の歴代最年少で東証一部上場企業の経営者となりました。

     

    yahooやamazonを経てリブセンスにきた芳賀一生を中心に2015年の8月にイエシルを立ち上げ、2年半で20万棟以上のマンションを部屋ごとに価格査定し、12万人以上のユーザーを獲得しています。

     

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

     

    今回調べたイエシル(IESHIL)についてまとめると、まずイエシルは、

     

    1. マンションの価格を知りたい人
      →不動産価格を他サイトと比較する時や、自分の不動産の価格を検索するとき
    2. マンションを売却したい人
      →優良な不動作会社の紹介を必要としているとき

     

    向けのサービスなことが分かりました。

    イエシル(IESHIL)を通して紹介される不動産会社は、大手の不動産一括査定サイトとは異なり、厳選した3社に絞られます。

     

    最終的に取引する不動産会社は1社になりますが、大手企業が経営する不動産会社はイエシルで依頼することはできず、分母の不明な不動産会社からイエシルが保証する3社という選択肢は限定的なものと言えます。

     

    ただし、優先して窓口に案内してくれる20席の紹介枠や、東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営するサービスという利点もあります。

     

    また、イエシル(IESHIL)で手軽に得られる情報が、売却価格や依頼する不動産会社を吟味する上で参考になることは間違いありません。

     

    実際に事務所などに足を運ぶことなく、マンションの価格情報を知ることができる点なども含め、マンション査定や売却を考えている人は、一度試しに利用してみるのをおすすめします。

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おすすめの記事