マンションを売却する際の、仲介手数料って?

仲介手数料とは、「通常業務で発生する費用」のことです。なお、特別な広告や、出張などの「特別な業務」は含まれません。

 

仲介手数料っていくらかかるの??不動産会社によって値段が変わるってほんと!?

はい。基本的には、不動産会社は法律で決められている上限以下の仲介手数料を顧客から回収して利益を出します。不動産会社によっては無料になる場合もありますが、注意が必要です。

 

仲介手数料をすぐにでも計算する方法や仲介手数料を払うタイミング、不動産会社を選ぶ基準などをわかりやすくまとめてみました。

 

マンション売却を検討している方必見です

マンション売却時の仲介手数料はいくらかかる?いつ払うの?

普通、マンションを売却する際に不動産会社に仲介をしてもらうと思いますが、その際に、売主や買主が不動産会社に支払うのが仲介手数料です

 

わからない

 

 

ここでわかること
  • 仲介手数料の定義
  • 価格、計算方法
  • 仲介手数料を抑えるコツ

 

マンション売却時の仲介手数料とは?どんな費用?

不動産売却時にかかる仲介手数料とは!?
不動産売却時にかかる「仲介手数料」とは、「通常業務で発生する費用」のことです。ただし、特別な広告宣伝や、遠隔地の購入希望者との交渉に行ってもらう場合などの出張費などは、仲介手数料とは別の請求がある場合があります。そして、これはあくまで「成功報酬」ですので、売買契約を交わすまでは払う必要はないです。

 

不動産会社との契約の前に「その会社での通常業務」と「その会社での通常外の業務」を確認しておくのが良さそうですね。

マンション売却時の仲介手数料はいくら払えばいい?計算方法とは

不動産売却の仲介手数料には法律で上限が決められています。

 

ですので、不動産会社は、無料から上限までの仲介手数料を設定して儲けにするわけです。

 

仲介手数料

 

例えば、2400万円でマンションを売却したとします。その場合の仲介手数料の上限はこのように計算します。(消費税は10%ととして計算します)

 

2400万円の内の200万円は最初の計算式を使って(取引額5%+消費税)10万円+1万円になるので11万円

 

2400万円の内の次の200万円は二番目の計算式を使って(取引額4%+消費税)8万円+8千円になるので8万8千円

 

2400万円の内の残りの2000万円は最後の計算式を使って(取引額3%+消費税)60万円+6万円になるので66万円

 

合計して、85万8千円になります。

 

速算法とは!?
速算法」とは、上記の計算方法より簡単にマンション売却時の仲介手数料を計算する方法です。先ほどの計算式が複雑で面倒だという方はこちらを使うと良いでしょう。
(売買価格×3%+6万)+消費税 が計算式になります。

 

2400万円でマンションを売却した例を取って見てみます。

 

(2400×3%+6万)+10% なので

 

78万円+7万8千円=85万8千円 になりました。

 

見事に一致しました。

 

なぜ6万円を足すのか。
この速算法の計算式ではなぜ6万円をプラスするのかが気になりますよね。それは3%をかけるところに理由があります。元の計算式では、最初に200万円に対して手数料を5%取っています。次に、また200万円に対して手数料を4%取っています。ですが、速算法では全て3%で解散しています。つまりは、その差額が6万円となるため、それをプラスしているんです。

不動産会社によって異なる場合があるので、事前に確認するようにしましょう。

マンション売却時の仲介手数料を払うタイミングとは

仲介手数料を払うタイミングは、契約時に半分、買主への引き渡しの際に半分が一般的なタイミングです。

 

いつ?

 

不動産会社によって異なる場合があるので、事前に確認するようにしましょう。

マンション売却時の仲介手数料を抑えるコツ

仲介手数料を安く抑えるコツはこちらをご参考にしてください

 

仲介手数料ではなく、サービスを重視して不動産会社を選ぶべき

不動産会社は、仲介手数料で選ばないでください

 

サービス

 

得をする不動産会社を選ぶ基準はあくまでも「自分のマンションを高く売ってくれるかどうか」です。

 

仲介手数料の安さは、不動産会社を選ぶ際の軽い判断基準です。

 

手数料の安いところではなくて、サービスのいい不動産会社を選ぶべき

手数料が安いからといって「契約するべき理由」にはなりません。理由は簡単です。マンションが高く売却できれば、手数料の高い安いは無意味になるからです。

 

不動産会社によって売却価格が数百万円も異なってくることがあり得ます

 

手数料が45万円で、マンションが2000万円くらいで売却できたとします。この場合、手数料を差し引かれたら1955万円が残ります。

 

ですが、手数料が倍の90万で、マンションが2100万円で売れたとしましょう。この場合、手数料を差し引かれても、先ほどより55万円多い2010万円が残ります。

 

仮に、手数料が3倍でも売却価格が500万円も高くなれば、400万円以上も多く利益を得ることができるかもしれません。

 

まとめ

仲介手数料とは、「通常業務で発生する費用」のことです特別な広告宣伝などは含まれない場合があります。その会社の「通常の業務」と「通常外の業務」を事前に確認するようにしましょう。

 

仲介手数料は、法律で上限が決められています。不動産会社によって価格は異なります。ただし、仲介手数料が安いからといって、それを決め手にすることはお勧めしません。あくまで、サービスの良い会社を選んでください。仲介手数料は、軽い判断基準くらいに考えておいてください。

 

仲介手数料を払うタイミングは、契約時に半分、買主へのマンション引き渡しの際に半分が一般的です

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事