家を売るタイミングっていつなの?

それは不動産売却の繁忙期です!当記事内ではそういったことも解説しています。

この記事でわかることは、下記です。

 

この記事でわかること一覧!
  • 家を売るタイミング
  • 家が売れる価格
  • 家の築年数でみる物件売却のタイミング
  • 不動産一括サイトおすすめ一覧

 

この記事を参考にして、ご自宅をより良いタイミングで、より高く売却してみましょう

家を売る時期・タイミングとは

不動産売買には、繁忙期があります。その時期に売却することを考えて準備を始めましょう。

マンションを売るタイミング

不動産がよく売れる時期は、2~3月と9~11月です。この時期にご自分の物件を売却できるように準備を進めましょう。

 

そして、東京オリンピックもあってか、東京都の不動産価格は高騰中です。東京オリンピックが開催されるまではこの調子で市場が盛り上がっていくとみられています。

 

しかし、一概に家の価格が上がり続けるとは言えません。この状況がいつまでも続くとは限りませんので注意が必要です。

家はどれくらいの価格で売れるの?

マンションの売却料金相場とは

当然ですが、それぞれの家によって売却価格は変動してきます

 

しかし、値動きを予想するための指標はあります。1つは株価です。家の価格と株価は相関関係にあります。

 

もう1つはオリンピックです。オリンピックの開催時期が不動産価格のピーク時期と言われています。

どのくらいの築年数で家を売るべきなの?

家を売る時の築年数は、10年前後が最適だと言われています。

マンションはどれくらいの築年数で売却するべきか

築年数5年未満の家の売却の場合

家は、築年数が浅ければ浅いほど、新築に近い価格で取引されます。特に築年数5年未満の場合は、新築同等の価格で取引されることが多々あります。

 

しかし、価格が大幅に下がってしまう場合ももちろんあります。特に、似た物件が多く出回っている場合は低い価格で取引される傾向にあります。

 

家の売却前は、しっかりと不動産サイトをチェックしておきましょう。

築年数10年未満の家の売却の場合

築年数10年未満の家は、中古物件の中でも最も人気のある年式となっています。

 

理由は、家の設備の劣化や部屋のダメージなどが比較的少なく、コストパフォーマンスが良い傾向にあるからです。

 

買い手が多いので、築年数10年ほどの家は売り時とも捉えられますね。

 

そして、築年数5年以上の物件は、売却する際の税金が築年数5年未満の物件に比べて半分ほどになります。

築年数10年以上の家の売却の場合

築年数10年以上の家は、修繕費がかさんでくる傾向にあります。

 

そして、売却価格は一気に下がってしまう傾向にあります。

 

築年数が15年を超えてくると、「一昔前のもの」のような印象を受けがち。20年を超えてくると、フルでリノベーションが必要になってます。

 

加えて、30年以上の物件は底値でしか売れません。中古マンションの売却を考えてる方はできるだけ早めの売却をおすすめします。

家を売る際には不動産一括査定サイトを利用

不動産を売却する際は、複数の不動産会社に自分で見積もりをお願いすると時間も手間もかかってしまいます。

 

そこで、必ず利用しておきたいのが不動産一括査定です。

 

不動産一括査定サイトとは

不動産の査定をネットから複数社に一括で依頼できるサービスで、無料で手軽に査定額の見積もりを知ることができます。

 

家を査定する場合は、必ず不動産一括査定サービスを使って複数の不動産会社に査定を依頼するようにしてください。

 

家を売るときは、不動産会社一度に査定してもらうだけではダメなのですか?
査定額は固定資産税の評価額と異なり、絶対的な評価ではありません。地域性や会社の規模など、それぞれ異なる不動産会社が「どれだけ高く売ることができるか?」という目安です。
査定額を比較することで一番高く売ってくれる会社を見つけることができます

 

1~2社からしか、自身の不動産を査定してもらわないのは極めて勿体無い行為です。

 

複数の不動産会社に査定を依頼するだけで、査定額に500万円程の差がでる場合もあります。

 

理由は、不動産会社にはそれぞれ特徴があり、得意分野があります。例えば、東京の低価格帯の家ならその分野が得意な不動産会社に任せた方が、少しでも売却価格が上がる傾向にあります。

不動産一括査定サイト一覧

不動産一括査定サイトには色々ありますが、特に有名なサイト4つを厳選しました。

すまいValue

すまいValueのここがポイント!
  • 不動産会社大手6社に査定を申し込める!
  • トラブル件数の圧倒的少なさ。
  • 店舗数が870店舗もあるので、相談に乗ってもらいやすい!
  • 2018年度の成約数が11万件以上!圧倒的な売却力

すまいValueは店舗数870店舗を誇る「不動産売却ポータルサイト」です。大手6社に査定を申し込むことができる圧倒的おすすめ度1位の不動産売却サイトです。

 

トラブル件数の少なさや、成約数の多さが目立つのがポイントです。

 

不動産売却をした方の3人に2人が、すまいValueを利用していて、そこも安心のポイントです。圧倒的な成約率、豊富な店舗数、トラブル件数の少ない安心感が売りです。

おうちダイレクト

おうちダイレクト

おうちダイレクトのここがポイント!
  • 国内最大級ポータルサイト「yahoo!」と「ソニー不動産」が共同運営する不動産プラットフォーム
  • 売り手の仲介手数料無料!
  • 少ないクリック数で簡単に依頼ができる、圧倒的な使いやすさ!

おうちダイレクトは国内最大級ポータルサイト「yahoo!」と「ソニー不動産」が共同運営するプラットフォームです。おうちダイレクトの大きな特徴としましては、ソニーのAI開発技術が実現可能にしている「AIのスピーディな査定」や、ヤフーのネットワークを活かして「幅広いネットワークで物件を宣伝できる」というところにあります。

 

そして、おうちダイレクトは売り手への仲介手数料を無料にしています。これによって、本来なら5000万円でマンションを売った場合、手数料として150万円以上を取られるかもしれないわけですが、その分を節約することが可能になりました。

 

おうちダイレクトは依頼をするまでに入力事項などが少ないため、簡単に使うことができます。60秒でお部屋の推定価格がWeb上でわかります。ですので、簡単にすぐ調べることができるので売主が抱える負担を軽減してくれます。

イエウール

イエウール

イエウールのここがポイント!
  • 提携業者が約1800社も存在する!
  • 対応が早い!

イエウールは提携業社が約1800社も存在しているので、査定額も期待することができます。

 

不動産会社によっては500〜600万円もの差がひらいた査定額を提示されることがあります。その点で考えると、提携業社数が多いことは重要と言えるでしょう。

 

イエウールはお客様への対応も早いんです。取引において、しつこい業者は必ず存在します。ですが、イエウールなら安心です。すぐに対応してくれて、しつこい連絡もすぐに途絶えることでしょう。

 HOME4U

home4u

HOME4Uのここがポイント!
  • しつこい勧誘がない
  • 業界の中でもかなり評価が高い
  • 運営会社の母体がしっかりしている

HOME4Uは、NTTグループが運営する不動産会社紹介サイトです。NTTはブランド力があるため、下手に危険を伴って事業を急拡大させる必要がないんです。HOME4Uはゆっくりと提携業者を増やしていきました。

 

信頼できる業者のみと提携をしていったんです。だから、HOME4Uはしつこい勧誘であったり、業者の迷惑となる行為がすごく少ないんです。

 

それに加えて、HOME4Uの不動産に関する説明はとても丁寧です。不動産売却に関して何も知識がないという方にはすごく利用しやすいサイトです。

HIOME4Uの記事はこちら。

まとめ

家を売るタイミングは下記です。

 

家を売る際の注意点!
  • 不動産業界の繁忙期は2~3月、9~11月
  • 家を売却する際の最適の築年数は10年前後
  • 家を売却する際は必ず不動産一括査定を利用する

 

家を売却する際は、繁忙期に家が売却できるように不動産会社と話し合って準備を進めましょう。

 

そして、売却する家の最適な築年数は、10年前後です。築年数が15年を超えてくると、修繕費などがかさみ、売却の費用がかさんでしまう傾向にあります。

 

最後に、不動産売却の際には、不動産一括査定サイトを利用して、複数の不動産会社に査定を依頼することを気にかけてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
おすすめの記事